なかなか手を出してくれない奥手男子にも、襲いたくなるスイッチがあります。
それを上手に刺激して、夢中にさせたいと思いませんか?
今回は、奥手男子を「夢中にさせる」魅惑的仕草をまとめてみました。

(1)笑顔で目を合わせる

『自分に自信がないので、笑顔で接されると安心します』(24歳/公務員)

奥手になってしまう原因として「自信がない」とか「嫌われるのが怖い」という考え方が隠れています。
こういった不安感を取り除くアプローチをすることで、まずは男性の心の壁を取り除きましょう。

相手を最も安心させるのは何といっても「笑顔」です。
男性が口下手であっても、しっかりと笑顔で目を合わせて話に頷く。
これができれば男性も思い切った行動をする勇気が湧きます。

(2)弱みを見せる

『女性の弱いところを見ると、守ってあげたいなと思う』(26歳/製造)

「欠点のある自分を見せてはいけない」というブレーキが奥手にしている可能性もあります。
こういった考え方をしている場合、先にこちらから欠点をさらけ出すことが効果的でしょう。

例えば「今けっこう緊張してるんだよね」なんて発言は素敵ですね。
これを聞けば親近感が湧いて、男性から積極的にリードしようとしてくれるかもしれません。
そして何より「緊張するほど好き」という背景も伝わります。

(3)接近戦に持ち込む

『距離が近いだけでドキドキしてしまう』(26歳/通信)

奥手男子は恋愛経験が浅い可能性が大。
女性と接近した時、慣れない状況にドキドキしてしまうはずです。

携帯をのぞき込む時など、何気ないしぐさで接近しましょう。
フワッとシャンプーの香りを漂わせるのもとっても効果的。
優しい香りのコロンや香水を仕込ませてもいいですね。

(4)ボディタッチ

『OKサインかな?と解釈しちゃう』(25歳/SE)

最後に物を言うのはズバリ「ボディタッチ」です。
いきなり「ボディタッチ」すれば「軽い女」と思われる可能性も。
ですが、ここまでご紹介した方法を含めアプローチを重ねたうえで行うことで男性の心も動きます。

男性の関心を集め、恋心を植え付けた状態で、最後に理性に畳みかけましょう。
会話中にツッコミを入れるように触れると自然ですね。
また、膝などといった体の一部を密着させるとかなりドキドキさせることができますよ。


いかがでしたか?
奥手男子であっても、相手は男です。
女性的な魅力とテクニックで男性を夢中にさせましょう。

(恋愛jp編集部)