LINEは気持ちを伝えるのに便利なツールですが、LINEで告白は「アリ」なのでしょうか?

男性としては直接言って欲しいという気持ちがあるのと、もしかしてからかわれてる?と思ってしまうこともありますよ。

このページではあなたの気持ちを素直に伝えられるような「LINEで告白を成功させる」テクニック4つを紹介します。

(1)デートの後の感想と一緒に伝える

『デートの直後だったから、彼氏になる実感がわいた』(32歳/IT)

まず「今日はすっごく楽しかった!ありがとう」と感謝を伝えてから告白しましょう。

何度もデートを繰り返していて、相手の気持ちもある程度見えてきている場合には
「好き」という言葉に加えて「付き合って欲しい」という気持ちもしっかり伝えることが大切です。

彼も楽しかったデートが毎日できるんだ、と嬉しく思ってくれるはず!

(2)続きは会ってから話すねと伝える

『会った時に告白される!って思うとドキドキが止まらない!』(28歳/経営)

大事なことはやっぱり直接話したい直球型の彼にはこんなLINEを送ってみましょう。

「○○君といると、なんだか素直になれる。一緒にいて落ち着くしもっと一緒にいたいと思うんだ」

と伝えた後に、
「やっぱり続きは会ってから話すね」と、告白の前フリLINEを送るのも効果的です。

(3)笑わないで読んでねと、本気であることを伝える

『笑わないでっていう前置きが本気なんだなって思える』(30歳/SE)

LINEでの告白は、人によっては軽く受け止められたり、本気と思われない場合があります。

それを避けるために今から真面目な話をすることをあらかじめ伝えておくと、彼も茶化したりせずに本気で受け止めてくれますよ。

(4)返事を催促しない

『返事を催促されるとちょっと怖いし面倒くさいなって気持ちになってしまう』(31歳/コンサル)

LINEでの告白は、相手にしてみれば唐突に思われることもあります。

相手もあなたに気があったとしても、誰かと付き合いたいと思うタイミングではなかったり、密かに前の彼女とのことを引きずっている場合もありますよね。

そんな彼の気持ちを汲み取って、返事を催促するのは控えましょう。


俺も好きだよ……♡男がノックアウトされる「LINEで告白を成功させる」テクニック4つを紹介しましたが、いかがでしたか?

相手の気持ちを考えながら告白の内容とタイミングを考えると成功率があがりますので、試してみてくださいね♪

(恋愛jp編集部)