喧嘩やマンネリを経ると、やっぱりどうしても二人の関係は薄いものになりがちです。
しかしそれでも、あるとき「やっぱりこの人を選んでよかった!」と思える瞬間はくるもの。
そこで今回は、彼が彼女に惚れ直す瞬間をご紹介していきます。

倦怠期が長続きしていてヤバい……というときは、ぜひ以下の瞬間を意識して、彼をもう一度ドキドキさせてみましょう。

(1)落ち込んでいるときに励ましてくれた

『側についていてくれたことがすごくありがたく感じるんですよね』(30歳/商社)

やっぱり落ち込んだときに優しく励ましてもらい、彼女を改めて惚れ直す男性は多いようです。
こんなに優しい彼女にどうして飽きたりしたんだろう……なんて自分を責めたくなるほどに後悔する男性も多いのだとか。

男性だって本気で落ち込むときはたくさんありますし、そんな時に一番そばで支えてくれる彼女の存在は大きいものですよね。

(2)豪華な手料理を作ってくれた

『胃袋をつかまれるとはまさにこのことです』(26歳/映像)

彼女の手料理に感動して惚れ直すというパターンも結構多いです。
マンネリ解消もかねて彼女が手料理を振舞ってくれて、予想以上の出来にびっくりした……という男性も。

そこから愛情の深さや女性としての能力の高さに改めて魅力を感じ、やっぱり彼女を選んで正解だった……と思うんですね。

(3)優しく看病してくれた

『看病してくれるってすごい愛情を感じるよね。定期的に寝込みたくなるくらい(笑)』(28歳/教師)

風邪で寝込んでいるときなどに優しく看病してもらえれば、改めて彼女の大切さを再認識できるようです。

ああ……やっぱり一番大事なのはこの子だな……と彼は心から安心するでしょう。
だからこそ彼が寝込んだときに優しく看病できる女性は、男性を夢中にさせるものなんです。

(4)無防備な様子で寝ているとき

『こうやっていつも横ですやすや寝てて欲しいなって思う』(31歳/不動産)

実はかなり意外なところで惚れ直していることもあります。
例えば彼女が、自分の横で無防備な様子で寝ているとき。

子どものように寝ている彼女を見て改めて可愛いと思い、愛おしさがこみあげてくるのでしょう。
こんな平和な日常もやっぱりいいな、と彼は思うんです。


いかがでしたか?
付き合いが長く続けば、やっぱりマンネリや飽きを感じることはちょこちょこあるものです。

だからこそお互いに惚れ直す瞬間やきっかけを大切に、マンネリした時期もしっかり仲の良い関係を保っていきたいですね。

(恋愛jp編集部)