男性は、やっぱり彼女にはたっぷり甘えてほしいもの。
甘えられることは、自分が必要とされていることを再認識することです。

もっと彼と一緒にいたいなら、彼にその気持ちを感じ取ってもらうべく、たくさん彼には甘えちゃいましょう。

そこで今回は、彼にずっと一緒にいてと思ってもらいたいあなたに、最強の甘え方を伝授していきます!

(1)ボディタッチをしながら

『後ろからギュッとされながらお願いされたら、洗い物でもなんでもしちゃいます(笑)』(30歳/事務)

まず彼に甘えるときは、ボディタッチをしながら甘えることをぜひ意識してみてください。
彼にギュッとしながら、ちょっと背中や肩に触れながら……。

男性は彼女に触れられるだけで、やっぱり分かりやすくドキドキしてしまうもの。
そんな彼女から甘えられたら、どんなことでも聞いてあげたくなっちゃいます。

(2)上目遣いでお願いする

『上目遣いで可愛く「ギュってして」って死ぬかと思った』(26歳/SE)

最強の甘え方として大事なのは、視線の使い方。
そしてその中でも特に効果絶大なのは上目遣いですね。

上目遣いで見つめられてお願いをされたら、彼は何も言えなくなってしまうもの。
二人のイチャイチャタイムにはぜひ使いたい甘えテクです。

(3)ちょっと拗ねながら

『急に子どもみたいになるからキュンとしたじゃん』(31歳/広報)

ちょっと拗ねながら甘えるのもポイントになります。
「〇〇してくれなかったら、泣いちゃうもんね」と子どものようにワガママを言いながら甘えるのが良いですね。

そんな小悪魔な甘え方をされたら、あざとかわいくて彼はもうメロメロ。
たまにはそんなツンデレな甘え方で彼を刺激してみては?

(4)帰り際に「まだ帰りたくない……」の一言を

『そんな可愛いこと言われたら、帰さない!』(28歳/サービス)

デートの帰り際は、彼の服の裾をつかみ、「まだ帰りたくない」の一言を。
彼は可愛さのあまり、愛情がもう爆発してしまいます。

次の日に予定があったとしても、「泊ってきなよ」とつい声が出ちゃいますね。
彼ともっと一緒にいたいと思ったときは使っておきたい甘えテクです。


いかがでしたか?
彼女から甘えられるのは、男性にとって実は大きな楽しみの一つなんです。

ぜひ二人の仲良し度をもっと上げるためにも、最強の甘え方で彼をもっとドキムラさせちゃってくださいね!

(恋愛jp編集部)