どうやったらもっと彼をドキドキさせられるんだろう?と思うことってありますよね。
また、彼に甘えたくてもうまく甘えられない……と悩んでいる女性も多いかもしれません。

そんなときは、可愛い彼女の王道テクとして、甘え仕草を極めることが大切です!
今回は、彼が惚れ惚れする甘え仕草についてご紹介していきます。

(1)近づいて座る

『ちょこちょこっと隣に来て何かと思ったらくっついてきて可愛すぎた』(27歳/広告)

彼に甘えるときは、とにかく物理的に近づくのが一番。
座っている彼の横にしっかりと座り、すぐに触れられる距離にいきましょう。

直接からだが触れるくらいのゼロ距離に行くのがおすすめです。
自然と彼女の存在を感じて、彼はドキドキせずにはいられないはず。

(2)肩に顔を乗せる

『安心しきって身を預けてきてくれるの嬉しいですよね』(30歳/飲食)

男性と女性の身長差だと、男性の肩にちょうど良く顔を載せられる場合が多いんですね。
隣にぴったりと座ったら、ちょっと眠たそうな感じも出しながら彼の肩を借りちゃいましょう。
可愛く自分によりかかってくつろぐ彼女を見て、彼はキュンキュンすること間違いなしですね。

(3)頭ポンポンをおねだりする

『よしよしってするの男からしてみてもキュンとする』(25歳/歯科医)

女性にとって大好物の、彼からの「頭ポンポン」。
自分からぜひ彼のところに頭をもっていき、上目遣いでちょっと見つめてみましょう。
彼はたまらず、頭ポンポンしてくれるはず。

もしくは自分でストレートに「ポンポンってして〜」と可愛くおねだりするのも良いですね。
無邪気な彼女を前に、惚れ惚れしてしまう男性は多いはず。

(4)顔を近づけて話す

『チュウしてもいいってことだよね?』(32歳/営業)

甘えたいときは、いつもより顔を近づけて話すのが一番ですね。
そんな距離で楽しそうに話されたら、チュウしたくなっちゃうよ……と彼に思わせるのがポイント。

目の前で笑う彼女の顔を見て、その可愛らしさに目を奪われてしまう男性は多いでしょう。
そんなドキドキする距離で彼女から何かお願いでもされようものなら、彼も何でもしてあげたくなっちゃうはず。


いかがでしたか?
彼にうまく甘えるコツとして大事なのは、とにかく自ら彼をドキドキさせにいくこと。
近づいてきた彼女に彼はキュンとして、思う存分甘えさせてあげたくなるでしょう!

(恋愛jp編集部)