デートコーデも、可愛ければ何でもありというわけではありません。
男性からしてみれば「もう帰りたい……」と思わず感じてしまうような、NGコーデもあります。
NGデートコーデで出かけると、さすがに次は誘われなくなる可能性が高いため要注意。

そこで今回は、気になる彼に引かれないよう、男性が会った瞬間にテンションダダ下がりになるNGデートコーデをご紹介します。

(1)ぶりっ子すぎるフリルコーデ

『襟も靴下もフリルってなんかぶりっ子すぎて苦手』(27歳/企画)

可愛いアイテムを選ぼうとして、フリルやレースばかりのぶりっ子コーデになってしまう人は意外と多いです。
男性は、結構ぶりっ子な女性に対してはシビアです。
さすがに年齢考えて……と思うのは間違いないでしょう。

(2)派手過ぎコーデ

『遊んでそうで品がないよね』(31歳/公務員)

とりあえず肌見せにすれば男性は喜ぶはずと思うのは、さすがに勘違いです。
むしろ品のなさが出てしまうので悪い印象にもなりやすいんですよ。

ナチュラルメイク志向の今は、上品なコーデがウケるもの。
体を出すよりも清楚さを重視していきましょう。

(3)TPO無視コーデ

『最初から夜景レストランに行くよって伝えてあったのにGパンはないだろ……』(28歳/商社)

いくらおしゃれでも、TPOを無視したコーデは本当に最悪です。

せっかくロマンチックな雰囲気抜群のレストランに行くのに、カジュアル感満載のコーデで来たら、彼はもはやそのKYさにドン引きするはず。
そのマナーの無さに「もう次は絶対誘わない」と彼は思うこと間違いなしでしょう。

(4)キャラものの子どもっぽコーデ

『キャラTシャツはデートってゆうより、部屋着でしょ』(30歳/SE)

ディズニーやサンリオなどのキャラもののコーデも、嫌がられやすいデートコーデの一つです。
アイテム自体は可愛くても、キャラものはどうしても子どもっぽい印象がつきまといます。

キャラものの服がデートコーデで許されるのは、せいぜい20歳前後まで。
30歳近くになってもキャラものの服を着ていると、さすがに子どもっぽすぎて引かれる可能性大ですので気をつけましょう。


いかがでしたか?
デートコーデを考えるときは、自分の年齢や女性らしさ、そしてTPOをよく考えたいところ。
あまりにも浮いたコーデで出かけると、そのズレてる感に彼は間違いなく引いてしまうでしょう……。

(恋愛jp編集部)