女性のモテテクといえば多くのものがありますが、実は男性からしたら微妙に感じられるものも結構多いんです。
使い方やタイミングを間違えたりすると、モテテクも一気に非モテテクに……。
そこで今回は、男性からしたら逆効果なモテテクを4つご紹介していきます。

(1)変なタイミングでの上目遣い

『上目遣いっていつもしてくる子は媚びてんなって印象です』(28歳/証券)

上目遣いは、女性のモテ仕草として確かに人気があります。
でも、使うときはとにかくタイミングと頻度に注意しましょう。
何かにつけて上目遣いで相手を見つめようとすると、正直不自然な様子にしか見えません。

また、上目遣いは失敗すると下から睨んでいるようにも見えてしまうため要注意。

(2)男性の前でだけぶりっ子

『男がみんなぶりっ子に騙されると思ったら大間違いなんだよねぇ』(30歳/教師)

男性の前でだけ態度を変え、必要以上にぶりっ子になるのはやめましょう。
その態度の豹変っぷりに、意外と気づいている男性は多いです。
また、ぶりっ子すぎる仕草や言葉遣いは、年齢不相応に見えて痛々しい印象にしかならないことも多いんです。

(3)褒めすぎる

『落ちてる時はとことん側で聞いてくれるような、寄り添ってくれる女性が理想です』(26歳/営業)

褒め言葉もモテテクとして大事ですが、褒めすぎるとわざと言っている感が満載で男性にバレてしまいます。
お世辞もやりすぎると、逆に嫌味にしか聞こえないことも多いんです。

例えば失敗して落ち込んでいる先輩のために、「先輩すごい!」とひたすらに褒め称えるのは逆効果です。
「それって嫌味で言ってるの?」なんて思われて嫌われるきっかけにつながります。

(4)多いボディタッチ

『気安く触られるのってただただ不快でしかない』(31歳/建築)

ボディタッチも多用しすぎないように気をつけましょう。
職場などでいきなり馴れ馴れしく触られたら、むしろ警戒して不審に思う男性は多いです。
しかも仕事に集中したいタイミングなどでボディタッチされたら、鬱陶しいと思われるだけ。

ボディタッチはたまに少しあるからこそ相手をドキドキさせるものです。
やりすぎて変な印象を抱かれないように注意してくださいね。


いかがでしたか?
モテテクも使い方を間違えると、ただのウザい行為にしかならないんです。
特に今回ご紹介したモテテクは男性によってはウケが悪いので、使い方には気をつけましょう!

(恋愛jp編集部)