この子なんか鬱陶しいなぁ……なんて好きな人に思われることは絶対に避けたいところですよね。
でも、飲み会中に張り切りすぎると、ついNGな行動に出てしまう女性は多いものです。
飲み会はお酒も入ってテンションも上がりますし、行動には特に気をつけたいところですね。

今回は、飲み会で男性にやってはいけない行動をご紹介していきます。

(1)気を利かせすぎる

『本当に気を使うのが上手い人は、相手に悪いなって気持ちすら起こさせないよね』(31歳/企画)

飲み会でご飯を取り分けたり、お酒の注文を聞いてあげたりできる女性は、気遣い上手で好かれるといいます。
しかし、気遣いにも限度があり、やりすぎると正直鬱陶しいだけなので要注意。

まるで監視しているかのようにお酒の注文を何度も聞いてきたり、他の女性を押しのけてでも自分が取り分けをしようとしたり……。
気を利かせすぎる行動は、痛々しいものにしかならないため気をつけましょう。

(2)目の前で汚い食べ方をする

『食べ方が汚いって、この先ずっと見なきゃいけないって思ったら地獄だな』(27歳/サービス)

女性はどんなときでも上品でいられるのが一番ですよね。
皆が見ている前で汚い食べ方をするのはやめましょう。

本来お箸で食べるものなのに手を使って食べたり、食べ散らかしたり……。
そんな行動を見て、正直引かない男性はいないでしょう。

(3)やりすぎなボディタッチ

『際どいところ触ってくる女性は品がない。男に飢えてるだけにしかみえません』(33歳/建築)

ボディタッチもやりすぎは厳禁。
変なタイミングで触ってきたり、そこまで仲良くもないのにやたらとくっついたりするのは、そもそも不自然な行動にしかなりません。

飲み会とはいえ、ボディタッチはせいぜい肩と肩がぶつかる、手を触るくらいにとどめておいた方が賢明です。

(4)下ネタを振られてノリノリになる

『やっぱり男としては、女性の恥じらいみたいなものも見たいわけだしね』(30歳/事務)

下ネタにノリノリな感じを見せるのも、女性としてはちょっとアウト。
ノリが良い人として盛り上がるかもしれませんが、奥ゆかしさや清楚さは一切感じてもらえないでしょう。
友達としてはアリだけど彼女としては絶対にナシと思われて、せっかくの恋のチャンスも逃してしまうことになります。


いかがでしたか?
飲み会は恋のチャンスが詰まっている場と言われますが、張り切りすぎて空回りするのは避けたいものです。
テンションも上がるからこそ好きな人と距離も縮まりやすいですが、同時に醜態を晒すリスクもあるので、注意してくださいね。

(恋愛jp編集部)