男性は意外と女性を見る目がシビアです。
LINEのやりとりひとつにしても、スタンプばかりで子どもっぽかったり、返事を遅らせたりと駆け引きするような女性は正直苦手です。
遊びで付き合うなら「アリ」ですが、本命彼女にはしたくないと思っています。
思わず男性がこの子を手に入れたいと思うような「かわいいLINE」の特徴4つを紹介します。

(1)ありがとうやご馳走様が素直に言える

『後からLINEでお礼を言われたことが印象に残って、また誘いたいなと思うんですよね』(27歳/広報)

デートでおごってもらった後に改めて、きちんと彼に「ありがとう。ご馳走様でした」と言える女性は、好感度が高いです。
自分がしたことに対して当たり前のような対応をされると、また誘いたいという気持ちも失せてしまいます。

逆に素直に感謝の気持ちを伝えられる女性のことを大切にしたいと思うのです。

(2)礼儀正しい

『話してるよりも、文字として見た時はやっぱ敬語とかちゃんと使えてる方が好印象です』(31歳/商社)

LINEでわざとはめをはずしてフランクになってしまうのも場合によってはアリですが、あまりに軽すぎる女性は恋愛対象から外されてしまいます。
あえて敬語を使ってみたり、普通の言葉で話すほうが大人の女性としての落ち着きを感じて、きちんとした女性との印象を与えます。

(3)LINEを送る時間帯に気を遣っている

『読むのはこっちの自由とはいえ、着信音で起きたりもするし時間帯には気を使って欲しい』(29歳/総務)

真夜中や朝の忙しい時間帯にLINEを送ってくるような女性は密かに常識がないと思われている場合があります。
夜中のLINEは生活リズムがみだれているようなだらしない女性だと感じられますし、朝の忙しい時間だとLINE依存かなと思われかねません。

平日なら夕方から22時くらいまでがベストな時間帯です。
LINEを送るのが夜遅くなった場合、「こんな時間にごめんね」など付け加えると良いですね♪

(4)長文は避ける

『必ず長文で返ってくる子とのLINEはだんだん見るのすらめんどくさくなる』(25歳/美容師)

長いLINEの文章ってそれだけで読む気が失せてしまいます。
なんだか独りよがりな女性に感じられるため、控えたほうが無難です。

基本短文で相手の様子を見ながらLINEを送りましょう。
LINEで長々と話し込むよりも、ちょっとものたりない位のほうが、男性の「追いたい」という欲求を刺激します。


この子を手に入れたい……!男の心に火をつける「かわいいLINE」の特徴4つを紹介しましたがいかがでしたか?
あざとかったり駆け引きしない素直なLINEのほうが男性には好印象です。
彼の気持ちを気遣うようなLINEを送ると、思わず彼の心に火が点きますよ♪

(恋愛jp編集部)