どこでも見るような「量産型コーデ」は、実はダサ見えのきっかけになりやすいものです。
いつも同じような服ということは、それだけファッションに関心がない=ダサいということ。
せめてデートコーデを選ぶ際には、量産型コーデにならないように注意しましょう。

そこで今回は、男性からダサい認定される量産型コーデをご紹介していきます。

(1)カーディガン×ワンピース

『ワンピースと言えばカーディガンを合わせるってことしか知らなそう』(31歳/広報)

ワンピースはたしかに女性のコーデとして王道ですが、いつもワンピースだと印象はいつも同じ感じに。

カーデとワンピースの組み合わせはもちろん悪くはありませんが、悪く言えば量産型。
彼にも「あ〜きっとこの子ダサいんだろうな」と思われてしまうかもしれません。

ワンピを着るにしても羽織るものはバリエーションを持たせた方がよさそうですね。

(2)ブラウス×フレアスカート

『可愛いけど定番すぎてちょっと……』(28歳/経営)

ブラウスとフレアスカートも量産型コーデの一つ。
ザ・女子という感じの服装ですが、彼からしてみれば見飽きている服でもあります。
結局毎回アイテムだけ変えてるだけじゃん……と彼は内心突っ込んでそうです。

しかもブラウスとフレアスカートのコーデはオフィスコーデでも使えますよね。
休日と平日のコーデがまるきり同じでは、彼も思わずげんなりしてしまうでしょう。

(3)ゆるふわニット×スキニー

『無難すぎてつまらない』(32歳/アパレル)

ゆるふわのニットとスキニーの組み合わせも、無難ですがあまり面白味がないので要注意。
よくも悪くも普通のコーデなので、おしゃれな男性が相手だと余計にダサい認定されやすくなります。

ニットもVネックとUネックを使い分けたり、たまにはインしてみたりなどの一工夫があるとよさそうですね。

(4)カットソー×ワイドパンツ

『いつもいつもワイドパンツってそれしか知らないの?』(27歳/美容師)

ワイドパンツは誰でも着こなしやすいアイテムなので、その分ベタすぎてダサく見えることも多いです。
いつも同じ感じだよね……と彼にはすっかりバレている可能性大です。
たまにはスカートやクロップドパンツを履いたりすると、コーデにもバリエーションが出ます。


いかがでしたか?

量産型コーデばかりになると、ファッションに疎いダサい人扱いされることが多くなるので注意しましょう。
おしゃれに意識の高い男性も多いですし、意外と量産型コーデはすぐにバレてしまうものです。

(恋愛jp編集部)