女性は何歳になっても若々しくきれいでいたいもの。
しかしいくら中身を磨いたところで、ファッションが古臭いだけで一気におばさんっぽく見えてしまいますよ。
今回は、男性がドン引きする「おばさん見え」コーデを4つご紹介します!

(1)チュニック×パンツ×スニーカーはおばさんコーデの鉄板

『体型を隠しすぎてておばさんっぽい』(32歳/営業)

おばさんコーデは、お腹周りやおしりを目立たなくする傾向があります。
そのためおしりが隠れるチュニックにパンツ・スニーカーの動きやすさ重視のコーデはおばさんっぽく見えがち。
靴をヒールパンプスにするか、ベルトを付けてウエストマークを作るようにして、スタイルアップを意識したコーデを作りましょう。

(2)上下デニムコーデが似合うのは10代まで

『年齢考えて服を選んでほしい……。年齢に合ってない若いコーデは逆におばさんに見えるよ』(29歳/IT)

デニムジャケットにデニムパンツやデニムのオーバーオールなど、上下デニムで揃えたコーデがあります。
デニムコーデが似合うのは、せいぜい10代まで。

20代以降の大人女子が着ると、痛々しいおばさんコーデになってしまいます。
デニムは、部分的に取り入れるようにしましょう。

(3)ゆったりAラインワンピースは太ってみえておばさんっぽい

『シルエットが大きく見えて太って見える』(30歳/SE)

シャツやコットン素材のAラインワンピースは、ゆったりしていて着回し抜群ですよね。
しかし単品で着ると妊婦のような太った印象を持たれがちに。
カーディガンを羽織ったり、レギンスを履いたりして、どこかシュッとさせるとバランスがいいコーデに仕上がります。

(4)タイトなTシャツ×スキニーパンツで体型丸わかり

『スタイルが丸わかりで背中のお肉とかが目立つと一気におばさんに見える』(27歳/金融)

ぴったりとしたTシャツに股下が短めのスキニーパンツは、まるで海外セレブがするファッションみたいですよね。
しかし体のラインが丸わかりで背中のお肉が気になったり、かがんだ時に下着やおしりが見えそうになったりと散々。
悪い意味でおばさんっぽさが出やすいコーデと言えるでしょう。


男性がドン引きする「おばさん見え」コーデを4つご紹介しました。
おばさんっぽさを無くすポイントは、流行を取り入れることと、スタイルよく見せるコーデを作ることです。
今回ご紹介したおばさんコーデをしないように気を付けつつ、大人っぽいおしゃれ女子を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む