LINEは交換したものの相手のことをよく知らない時って、「連絡すると迷惑に思われるんじゃ」と感じてためらってしまいますよね。
仲良くなりたいけれど、誰にでも連絡するような軽い女だとも思われたくありません。

このページでは、連絡しても迷惑だと思われない「好感度アップLINE」4つを紹介します。
参考にして、彼との距離を縮めちゃいましょう♪

(1)相手の返事を求めない

『あんまり詮索されすぎると面倒くさいし怖い』(28歳/コンサル)

質問系のLINEって相手に返事を求めてしまうので、人によっては苦痛に感じてしまいます。
よく聞きがちなのが、「休みの日はどうしてるの?」という質問ですが、親しくないのになんでそんなことを聞かれるのかと思われる人もいます。

プライベートなことって、あまり詮索をしない方がベターです。
話の広げ方として「日曜日って○○のイベントをやってるんですよ!」暇な時に行ってみてくださいね♪
など相手の興味のありそうなイベントなどの情報を伝えると、彼も「日曜はだいたいサッカーをしているけど、暇な時いくよ!」と、返信しやすくなります。

(2)「忙しい時間にごめんなさい」など断りを入れる

『こっちの状況も気遣ってくれてる様子が嬉しい』(31歳/不動産)

相手の生活リズムがわからない時にLINEを送る時は相手の状況を確認するような一言をいれると効果的です。
早型だったり、夜型だったりと人によってはLINEをよく見る時間帯が違ってくるので、最初は状況を確認するといいでしょう。

(3)話が簡潔で長すぎない

『長文すぎるLINEは読むのが疲れる』(28歳/人事)

長文のLINEは見ただけで疲れてしまいます。
知り合い程度でそんなに親しくない人に長文LINEを送られるとゾッとしますよね。
距離感を大事にして、基本的には短文で簡潔なLINEを心がけましょう。

(4)敬語をつかう

『きちんとした言葉遣いの子ってしっかりしてそうで好印象』(30歳/コンサル)

ため口でスタンプ使いまくりのLINEは、どこか子どもっぽく、社会性のないように受け止められてしまいます。
敬語できちんとした言葉遣いのLINEを送ると大人の女性な感じがして好感度が高いです。


いい子だね♡連絡しても迷惑だと思われない「好感度アップLINE」4つを紹介しましたが、いかがでしたか?
あまり馴れ馴れしすぎないのが好感度を上げるポイントなのでぜひ試してみてくださいね♪

(恋愛jp編集部)