もう彼とは長く付き合ってるし、LINEで嫌われるようなことなんてないはず……。
なんて安心しきっていませんか?

いくら仲のいいカップルでも、おブスなLINEをきっかけに別れてしまいことは意外と多いものです。
今回は、彼が別れを決断してしまうブスLINEについてご紹介していきます。

(1)しつこく返信を催促

『返信の催促はいい気分にはならないよね』(30歳/営業)

返信の催促は、よっぽど返信を待たされない限りは基本的にしない方が無難です。
彼だって一人の社会人ですから、LINEばかりしている余裕がないことも多いもの。

そんな事情もくみ取れず返信を催促してくる様子に、彼は思わずうんざりしてしまうでしょう。
なんか今後もLINEはうまくやり取りしていけなそう……と思い、別れを考えてしまいます。

(2)長文のメンヘラLINE

『長文LINEって読む気が失せるし、面倒くさい人だなぁってイメージ』(32歳/SE)

長文LINEも基本的に嫌われる傾向が強いLINEの一つ。
とくに愚痴や心配事を長文でいつも送ってこられては、彼もメンヘラかよ……とさすがに引いてしまいます。
悩み事ができると、ついぐだぐだと長文LINEを送りがちな人は要注意です!

(3)真夜中に平気でスタンプ連打

『夜中になんか急用かと思ったらスタンプ連打……。常識ないの?』(31歳/公務員)

長く付き合っているせいで、いつの間にか彼への気遣いが減っていってしまう人は多いもの。
親しき中にも礼儀ありとよく言います。
真夜中に彼をムリやり起こすような非常識LINEを送るのは、さすがに彼も嫌がりますよね。

彼女が真夜中にLINEを連投してきて、何事かと思ったらただのスタンプ連打だった……。
なんて迷惑をかけて、彼を怒らせないように気をつけましょう。

(4)おやすみの後に……

『おやすみって言ったのにかまってアピール……。ムリ!』(28歳/企画)

空気が読めないLINEも、嫌われやすいおブスLINEなので要注意。
たとえばよくあるケースとしては、おやすみと送り合ったのに「ね〜ね〜」と呼び掛けてくるKYなLINE。

彼としてはおやすみって言ったじゃん!と言いたくなるくらい、結構うんざりすることだったりします。
そんな空気の読めないLINEを送りがちな人は、普段の行動の中でも彼を困らせることが多くなりがちなので気をつけたいところです。


いかがでしたか?
以上のようなブスLINEが多い人は、残念ながら彼にはそのLINEのせいで愛想をつかされる可能性があります。
やばい、私って当てはまってるかも……と思った人は、ぜひ一度LINEの送り方を見直してみましょう!

(恋愛jp編集部)