時間が経つのは早いもので、気がつけば年齢にそぐわないアイテムをずっと使っていた……なんて経験はありませんか?
そんな「痛々しさ」に、実は彼もこっそり気づいているかもしれません。
いい加減大人でしょ……?なんてげんなりされることだけは避けたいですよね。

そこで今回は、彼に幼稚だなと思われるアイテムをご紹介していきたいと思います。

(1)ベレー帽

『ごめんなさい、ベレー帽の魅力がよくわからん……』(22歳/会社員)

もちろん人の好みにもよりますが、実はベレー帽も幼稚、子どもっぽいと思われがちなアイテムの一つ。
なんとなく幼稚園児がかぶってそうなイメージを持たれるからですね……。

そもそもベレー帽は、人によって結構好みが分かれる帽子になることが多いです。
特に初デートでは、積極的にかぶっていかない方が無難かも。

(2)カチューシャ

『大人女子はつけないよね』(26歳/販売)

カチューシャも、男性からしてみればイメージはベレー帽と同じです。
もちろんおしゃれだとは分かっていても、なんとなくカチューシャといえば小学生くらいまでな印象が強いのでしょう。
シンプルなものならまだしも、リボン付きカチューシャなんてもっとアウト。

(3)キャラクターもののバッグ

『ポーチくらいでとどめてほしい』(29歳/広報)

キャラクターもののバッグにも要注意。
そもそもキャラクターもののファッションアイテムは、さすがに子どもっぽいと多くの人が思いがちなものです。
彼女がキャラもののバッグでデートにやってきたら、もういい加減大人なんだから……と彼も言いたくなってしまうはず。

(4)丸襟のブラウス

『似合って可愛い子もいるんだけど、やっぱ子どもっぽい子とはつきあいたくない』(33歳/医療関係)

丸襟のブラウスは可愛らしい印象が強いですが、子どもっぽく見える部分も強いです。
特に襟元にリボンが付いているタイプは、「えっ?ピアノの発表会?」なんて彼も思わず突っ込んでしまうかも。
さすがに20代半ばくらいからは着ない方が無難かもしれませんね。


いかがでしたか?
あまりにも幼稚な雰囲気が目立つアイテムは、積極的にコーデに取り入れない方が良いかもしれません。
彼からは「さすがに勘弁して……」なんて思われて、その後のデートも微妙な雰囲気になってしまうかも。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む