すぐにグショグショに濡らしちゃう女子……エロいですね。
でも男子のホンネはさまざまです。
今回はそんな濡れやすい女子についてどう思っているのか、男子のホンネに迫ります。

(1)もっと濡らしたくて激しく手マンしてしまう

『濡れれば濡れるほどいい!!』(28歳/事務)

彼女が感じてくれているのだと思って嬉しいです。
もっと感じてほしい、もっと濡れさせたいと思って激しくしてしまいます。

自分の手マンテクニックで彼女が喘ぎ狂っている……。
気持ちいいのを証明するかのように彼女のアソコは大洪水でシーツも濡れている。

その状況が、彼女を満足させてあげれていることが最高に嬉しいのです。
そんな彼女をみているとどんどん性欲も高ぶり、早く入れたくなっていきます。

(2)濡れすぎていてピストンしてもあまり気持ちよくない

『あまり濡れてると、締まりが良くない気がする』(33歳/証券)

ビチョビチョに濡れているビショマンはあまり気持ちよくないという男子も。
ピストンしたときに濡れすぎてペニスに全く刺激が加わらないのです。
ヤッている途中でペニスがしぼんでしまったという男子もいるほどです。

濡れすぎるというのもなかなか切実な問題がありそう。
濡れすぎるせいで、ただヌルヌルしているところにペニスを入れているだけ……ユルいように思われてしまいます。

(3)ラブホでならいいけど家はちょっと……

『すごく濡れちゃう子とするときは家ではやりたくない……』(28歳/公務員)

ラブホでならエッチを前向きに楽しめます。
でも家でとなると「あーまたシーツ洗わなきゃな……」と考えてしまうのでエッチへのモチベーションが下がります。

エッチが面倒くさくなっちゃう。

しかも濡れすぎてシーツを余裕で貫通していることも。
マットにまで染み込むので、家ではヤりたくないですね。

(4)前戯をほとんどしていないのにエロい音!

『すぐ入れたいときは濡れやすい方が助かる』(23歳/サービス)

濡れやすい女性は前戯をほぼしなくていいから楽です。
すぐ濡れるから、ペニス挿入まで早く進めることができます。

すると瞬く間に前戯さえいらないのではないかというぐらいの大洪水!
しかも突くたびにグチュグチュ音が……。

もう聴覚が犯されてたまらなく気持ちいいんですよ。
気が狂ったように腰を打ちつけてしまいます。


ビショマン女子はモテると思いきや、男子の意見は分かれるようです。
ラブホでエッチする!ピストンをするとき摩擦による刺激は感じたいから前戯少なめに!
など心からビショマン女子とのエッチを楽しむには工夫が必要な男子もいるようです。

(恋愛jp編集部)