女性は太ってみえるより、細くみられたいですよね。
きっと、多くの女性がそう思うでしょう。

特に、好きな男性からは細くて、スタイル良くみられたいもの。
では、どういったポイントを押さえれば、痩せてみられるのでしょうか。

ここでは「男性から、体重より痩せてみられる女性の特徴」についてみていきましょう。

(1)手首、足首が細い

『手首は何かをする時絶対見えるとこだし、そこは女性らしくほっそりしてると良いですよね』(27歳/金融)

すごく寒い冬以外の季節では、ほとんど手首や足首って出していませんか?
手首なんて、ほぼ一年中出しているはずです。

出している体の部分だけで、イメージがつくのも仕方ありません。
人に見られる機会が多い手首や足首が細いと、全体的に痩せてみられる可能性がありますよ。

(2)服の特徴を生かす

『ぽっちゃりでも着こなし方でスタイル良く見せれるよね』(28歳/飲食)

服の着こなしが上手な人は、その服の特徴をしっかりとわかっている人。
例えば、トップスにボリュームがあるようなものであれば、ボトムスは細みのシルエットを選ぶのが良いでしょう。

また、ロングカーディガンなどで縦ラインを強調して細くみせるのもGOOD。
このように、その服の特徴をおさえることが大切ですね。

(3)自分の体型をわかっている

『流行のものを着れば良いってもんじゃなくて、やっぱその人の体型にあったものじゃないとね』(30歳/サービス)

自分が思っている以上に、客観的にみると太っている人はいませんか?
上手く痩せてみせるためには、まず自分の体型をわかることが重要です。

二の腕が太い女性は、なるべくノースリーブは着用せず、逆に袖にボリュームがあるものを選ぶなどなど……。
自分の体型で、見せる部分と隠す部分というのをしっかりとわかれば上級者ですね。

(4)色の使い方が上手

『ちょっと太めの人は白とかピンクは避けたほうが良いかもね』(25歳/アパレル)

痩せてみえるためには、シルエットも大切ですが、色合いも大切です。
黒やブラウンのように、タイトにみえる色は痩せてみせることができます。

反対に、白などの膨脹色は、太ってみえますよね。
このように、色の印象や錯覚をわかると、上手くコーデにも取り入れることができるのでおすすめです。


いかがでしたか?
痩せてみせるためには、研究も必要です。
いろいろと研究をして、自分を最も美しくみせるための努力を惜しまないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)