女性としておしゃれに意識を高く持つなら、ファッションのトレンドは常にチェックしたいところですよね。
でも実際のところ、トレンドでもウケが悪い女性の服装は結構あるものです。

そこで今回は、流行でも男性ウケ最悪の服装をご紹介していきます。

(1)レースブラウス

『少しレースがついているぐらいなら可愛いと思うけど……』(30歳/IT)

レースブラウスは、物によってはかなり男性ウケが悪いので使うとこは要注意。
特にレースが多いアイテムは避けた方が良いかもしれません。

なぜなら男性は、フリフリでぶりっ子なイメージの強い服には、さすがに嫌悪感を示すからです。

そもそも年齢的にキツイ……と思う人も多いでしょう。
レースブラウスを着るなら、レースは控えめのものがちょうど良いかもしれませんね。

(2)ペールトーンカラーの服

『自分に似合っているのか確認してから着てほしい』(29歳/アパレル)

春のトレンドといえば、ロマンチックでガーリーな感じが可愛いペールトーンカラーの服がありますね。

確かに可愛くて力的なトップス・ボトムスが多いですが、一方で子どもっぽい感じにも見えやすい特徴もあります。

若作りな感じが痛々しく感じられたりすることも多いです。
印象が大事な初デートでは、なるべく着ていかない方が無難かも。

(3)ワントーンコーデ

『全部同じ色ってあまりオシャレには感じないですね』(27歳/営業)

ワントーンコーデも最近のトレンドの一つですよね。
ですが、どこか癖も強くなりやすいコーデになりがちなので、男性ウケは結構悪いです。

「全身白ってなんか違和感しかない」「全身黒は喪服みたいで嫌だ」など、意見はなかなか辛辣なもの。

しかもワントーンコーデはおしゃれに決めるのが難しいコーデでもあるんです。
失敗して結果違和感だらけのコーデになっている人が多いのも事実です。

(4)オーバーサイズのスウェット

『部屋着じゃん……と思ってしまう』(25歳/製造)

オーバーサイズのスウェットも最近流行っていますが、着ぶくれしやすさナンバーワンの服でもあるので、あまり印象は良くないです。

うまく着こなせていないと、結果的にただダサいだけになる場合も多いもの。
そもそもスウェットは、外出のコーデとして違和感を覚えられやすいものです。


いかがでしたか?
たとえトレンドでも、男性ウケするかどうかは大事なポイントです。

男性ウケしにくい服を選んでしまい、結果的にダサい・変・痛いといったイメージを持たれるのだけは避けたいところですね。

(恋愛jp編集部)