自撮りは可愛く写れるのに他撮りだと難しい……という全女性必見!
今回は、他撮りでも可愛く写ることができるとっておきの方法を大公開していきます。
可愛い写りで素敵な思い出をたくさん残したい人は、しっかりと確認していきましょう。

(1)とにかく写真に慣れる

『自然な笑顔で写っている女性はやっぱり可愛いです』(30歳/公務員)

写真を撮られることに慣れていないと、緊張で顔が強張ってしまう傾向にあります。
そのためとにかく場数を踏んでおくのがオススメ!
写真慣れをすれば、自然と写りがよくなる角度やポーズ、表情が分かってくるはずですよ。

(2)少し顎を引く

『顔が小さい子はやっぱり可愛く見えるし目立ちますね』(27歳/企画)

少し顎を引くことで顔をシャープに見せることができます。
ただしやりすぎると二重あごになってしまったり、不自然な上目遣いになってしまったりする恐れがあるので注意しましょう。

(3)目をしっかりと開く

『目がパッチリしている女性は写真写りのいい人が多い気がします』(25歳/販売)

写真に写るときは、しっかりと目を開いて少しでも目を大きく見せましょう。
見開きすぎるとホラー写真になってしまうので、あくまでも少し見開くことが大切ですよ。

(4)小物や手で輪郭を隠す

『女性は色々な手を使って小顔に見えるように写真に写るっていうけど、本当に可愛く写ってるからすごいよね』(30歳/営業)

小物や手で輪郭を隠して小顔見せ効果を狙うのもオススメです。
頬に手を添える虫歯ポーズはその代表例なので、いざというときのためにおさえておくといいかもしれませんね。


他撮りで可愛く写るためには、上記のようなポイントをしっかりと意識しておくことが大切です。
可愛く写真に写るコツをマスターして、たくさんの思い出を残していきましょう。

(恋愛jp編集部)