今回は男性から好かれる可愛い奢られテクを一挙にご紹介!
可愛く奢られて彼を骨抜きにし、次のデートへと一気に駒を進めましょう。

(1)大げさに喜ぶ

『ジュースを奢っただけなのに、すごく喜ばれて可愛いと思ってしまった』(27歳/公務員)

たとえ小さなものでも、奢ってもらったらちょっぴり大げさに喜んでみましょう。
「ちょうど喉渇いてたから嬉しい~!」「本当にいいの?ありがとう!」と可愛くいうとGood!
少し大げさにいうくらいの方が相手に嬉しさが伝わるので、オススメですよ。

(2)笑顔でお礼とご馳走様をいう

『ありがとうございますと御馳走様でしたを言ってくれればいいかな……笑顔で言ってくれるともっと嬉しいかも』(30歳/自営業)

ご馳走になったら「ありがとうございました」と「御馳走様でした」は必ず伝えましょう。
伝えるときは、笑顔を必ず意識することが大切!
女性の笑顔を可愛いと思う男性は非常に多いので、それだけでむねをときめかせてくれる確率が急上昇しますよ。

(3)味の感想をオーバーに伝える

『すっっごく美味しかった!!と彼女が満足気に言っていて、可愛くてだきしめたくなった』(25歳/製造)

奢ってもらったときは、感想を伝えることも非常に大切です。
「今まで食べたなかで1番美味しかった」「また絶対に行きたい」なんてオーバー気味にいうと、男性も奢りがいがあるというもの。
当たり前だと思っていることこそ素直に気持ちを伝えて、彼をドキドキさせちゃいましょう。

(4)LINEでもお礼を伝える

『その場だけじゃなくLINEでも丁寧にお礼をしてくれる女性がいて、また奢ってあげたいと思いました』(32歳/販売)

食事デートや飲みデートの場合、自宅に着いたらLINEでもお礼をいうとさらにいいです。
お礼とともに次のデートの誘いもさり気なく交えると、2人の関係が進展するのはそう遠くないかもしれませんね。


可愛い奢られ方を身につけることができれば、男性との距離はグッと縮まります。
遠まわしに言ってしまうと男性は気づかずに終わってしまうケースが多いので、しっかりと自分の気持ちを伝えましょう。

(恋愛jp編集部)