今回は、「友達として好き」と「女性として好き」の違いに密着!
2つの違いを紐解いて、自分は彼にどのように思われているのか把握していきましょう。

(1)異性として見られているかどうか

『好きな人は女性として意識しているからリードしたいけど、女友達なら遊ぶプランとか適当かも』(29歳/飲食)

「好きな人には男性としてエスコートしてあげたい」という意見は、とても多く寄せられてきました。
男性の好意を見極めるためには、まず異性として見られているかどうかに着目してみるといいかもしれませんね。

(2)2人きりで会おうとするかどうか

『好きな女性とは2人で会いたいけど、友達止まりなら複数人で会ってもいいかな』(27歳/IT)

「好意を寄せている女性とは2人きりで会いたい」という声は多く集まっています。
複数人で会いたがらない場合は、特別な感情を抱かれていると認識していいのかもしれませんね。

(3)ロマンチックなムードを作ろうとするかどうか

『好きな人にはカッコいいところを見せたいので、ムードはしっかり作ります』(31歳/建築)

ロマンチックなムードに発展するかどうかで、彼の好意を見極めるのも1つの手です。
夜景の綺麗な場所や素敵なレストランでデートをするようであれば、彼はあなたのことを意識していると考えていいでしょう。
ただしロマンチックなムード作りはヤリモク男性が使う手口でもあるので、注意が必要です。

(4)下ネタを言わないかどうか

『好意を寄せている女性には嫌われたくないので下ネタを言いません』(28歳/広報)

好きな人には引かれたくないから下ネタを言わない、という意見も多いようでした。
気になる人が下ネタを切り出さない場合は、脈アリのサインなのかもしれませんよ。


友達としての好きと女性としての好きには、大きな違いがあるようです。
仲が深まったとしても決して油断せず、彼の本心を見極めましょう。

(恋愛jp編集部)