「モテ期がやってきた?」と思うほど、以前に比べて男性から声がかかるようになった経験はありませんか?
モテるようになった女性は、何かきっかけがあるのかもしれませんね。

男性ウケがよくなった女性の「〇〇を変えたらモテるようになった」を4つご紹介します。

(1)髪型を変えた

『今までふんわりした雰囲気の髪形だった子が、突然ショートカットにしたとき、可愛すぎてびっくりした』(30歳/美容師)

髪形は、メイク以上にその人の印象を変えます。
カットや髪色を変えることで、別人みたいに印象が変わる人もいますよね。

ふんわりパーマをかけたり、縮毛矯正でさらさらのストレートになったりなど、自分に似合う髪型を見つけることも男ウケにつながります。

(2)ファッションを変えた

『普段カジュアルな服装の子が突然女の子らしい格好になるとドキッとする』(28歳/営業)

オシャレに目覚めると、可愛い服が着たくなりますよね。
これまで色気がまったく感じられないカジュアルな服を着ていた女性が急に可愛い服を着始めると、ギャップに男性はドキッとしてしまうでしょう。

ジーンズばかりだった女性がワンピースを着るようになれば、当然男性の注目を集めます。
「あれ?あんなに可愛かった?」と思われて、声をかけられることも増えるでしょう。

(3)表情を変えた

『表情が柔らかくなったと感じるとちょっと話しかけやすくなる』(31歳/IT)

意識して口角を上げ、できるだけ笑顔を作るようにしたらモテるようになったという人もいます。
普段の顔って自分では見ることがありませんが、無表情で怖い顔になっている人もいますよね。

何でもないときも穏やかな表情でいられたら、男性から声をかけられる機会も増えるはず。
キツイ顔に見られやすい人は、いつも笑顔を意識してはいかがでしょうか。

(4)立ち居振る舞いを変える

『所作が綺麗な人ってやっぱり魅力的だし、がさつな人はちょっと気にするだけで全然違うと思う』(29歳/マーケティング)

女性同士で遊ぶ方が楽しいという人は、男性の目を意識しないので立ち居振る舞いや言葉遣いががさつになってしまう人もいます。

そんな女性が年齢的にもこのままではいけないと思い立ち、立ち居振る舞いを変えることでモテるようになることがありますよ。

きれいな服を着ていても、立ち居振る舞いが美しくないと台無しになってしまいます。
もっとモテたい人は、自分の身のこなしや言葉遣いを見直してみてはいかがでしょうか。


いかがでしたか?

何かを変えることによって、もっと魅力的な自分になれるかもしれません。
「もっとモテたい」という人は、自分を客観的に見て外見を変えてみたり、自分磨きをしたりしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)