多くの男性は、やっぱりなんだかんだタイツよりも生足に興味を持つもの。
タイツを履いているコーデは、実は男性にとって残念コーデになりやすいので要注意です。
そこで今回は、特に男性が嫌がるタイツコーデをご紹介していきたいと思います。

(1)華やかワンピ×黒タイツ

『そのまま素足を出した方がキレイだと思うんだけどな』(27歳/商社)

ピンクや黄色、水色などの女性らしさ・華やかさ満点のワンピに、ベタな黒タイツを合わせてしまうコーデ。
これは組み合わせとしてかなり男性ウケが悪いため要注意。

なんで上は華やかなのに黒タイツを合わせてるの……?なんて男性はゲンナリしてしまうもの。
多少足に自信がなかったとしても、ワンピを選んだ以上は黒タイツはNGです!

(2)奇抜なカラータイツ

『これがオシャレだと言うのだから、よくわからない……』(28歳/製造)

カラータイツも一時期は流行りましたが、今ではあまり実際のところあまり評判が良くありません。
特に男性にはただ奇抜なコーデにしか見えないものです。
生足が見たいのに、なんで足が黄色なの?と彼はひたすら疑問に思うばかりでしょう……。

(3)ミニスカ×柄タイツ

『脚に柄があるのは正直ダサい』(25歳/IT)

ミニスカと柄タイツの組み合わせも要注意。
柄タイツもカラータイツと同じように一時はトレンドになりましたが、今ではむしろNGアイテムに。

特に猫が描いてあったり、チェック柄だったりすると、子どもっぽい感じにしか見えないといいます。
いい大人が選ぶコーデとしては、正直かなり残念なコーデになってしまいます。

(4)タイトスカート×網タイツ

『遊んでそう、軽そうというイメージを持ってしまう』(27歳/広告)

タイトスカートと網タイツのコーデも、あまりおすすめしません。
実際は違ったとしても、網タイツなんて男性からしてみれば「遊んでいる人」のイメージにしかならないんです。

色っぽアピールのつもりでも、男性には下品な印象にしか映りません。
タイトスカートにタイツを合わせるなら、普通の黒タイツが一番無難でしっくりくるでしょう。


いかがでしたか?
男にとって、タイツは正直足が隠れる微妙なアイテムでしかないことも多いんです。
特によく使われる黒タイツは、コーデを一気に地味なものにしてしまうため、使う際には気をつけたいところですね。

(恋愛jp編集部)