服の選び方がいつの間にか迷走し、はたから見たらババ臭ファッションになっている女性は結構多いものです。
気合を入れてコーデを考えたのに、彼からババくさ……なんて思われたら最悪ですよね。
そこで今回は、男性が萎えるババ臭ファッションについてポイントを整理していきましょう。

(1)地味な花柄

『渋い花柄は、え!?って思う(笑)』(26歳/商社)

花柄といえば若々しく華やかな印象があるものですが、チョイスによってはババ臭いと思われがちなところがあります。
特に地味な色がベースとなっている花柄や、主張が強くない小花柄などは要注意。
花柄をコーデの中に取り入れるときは、なるべく自分自身に似合ったもの、色使いが華やかなものを選ぶと良いでしょう。

(2)ベージュ系やくすんだ色

『ちょっとぽっちゃりしてる子が着たら、まさに中年に見える』(24歳/看護師)

地味な色使いは、全体的におばさんっぽい印象になりがちなので要注意です。
代表劇なものだとベージュやグレー、深緑や黒などは、地味=ババ臭いという印象に。

さらに服の着こなしにも工夫がないと、さらに地味見えは加速します。
若いうちは、やっぱりその若さを活かして多少は華やかな色を使うべきかもしれませんね。

(3)ヒョウ柄

『ヒョウ柄を着るときは髪型を工夫しなきゃ、ただのオバサンになってしまいます』(30歳/美容師)

ヒョウ柄はギャルっぽいといった印象がある一方で、ババ臭いというイメージにもなりがち。
大阪のオバチャンをなんとなく彷彿とさせるからでしょう。
そもそもアニマル柄は男性ウケが悪いものの一つですし、デートにはあまり使わない方が良いかもしれません。

(4)ボリューム袖トップス

『ゆったり服って、微妙なんだよね~』(23歳/代理店)

最近流行りのボリューム袖トップスも、実はババ臭く見えてしまうところがあるんです。
ボリューム袖は、腕回りがゆったりしているため、ちょっと太く見えがち。

そんな着ぶくれ感が、貫禄ある「オカン」をイメージさせるのでしょう……。
他にもオーバーサイズのスウェットやパーカーなども、避けた方が良いかもしれませんね。


いかがでしたか?
以上のようなババ臭ファッションでデートに出かけたら、彼からは萎えられること間違いなしでしょう。
もっと彼に可愛いと思ってもらうなら、絶対にババ臭ファッションだけはデートコーデに選ばない方がよさそうですね……!

(恋愛jp編集部)