初デートの後、いくら待っても2回目のデートに誘われない人は、男性に「また会いたい」と思わせる何かが足りないのかもしれません。
男性がその日のうちに2度目のデートに誘ってくるような女性とは何が違うのでしょう?
男性が「また会いたい」と感じる女性の特徴を4つご紹介します。

(1)聞き上手

『話をよく聞いてくれる子は、居心地が良いから』(22歳/販売)

自分の話を楽しそうに聞いてくれる聞き上手の女性なら、男性は会話が楽しくなります。
上手に相づちを打ちながら関心を持って聞いてくれるので、男性は認められたような気分に。
聞き上手な女性と会話すると男性は満足度が高いため、また会いたいと思ってしまいます。

(2)リアクションがいい

『やっぱり楽しんでくれる子がいいよね』(31歳/証券)

リアクションがいい人とは会話も弾みます。
食事中も「おいしいね」「こんなにおいしい〇〇は初めて食べたよ」など、ポジティブな感想が多いので、男性は「彼女をこの店に連れてきてよかった」と安心するでしょう。

デートプランを男性が考えた場合、彼女のリアクションが気になるもの。
反応が薄い女性だと、「つまらなかったのかな」と思ってしまうでしょう。
楽しさが伝わってくるリアクション上手な女性なら、男性はまたすぐに会いたくなってしまいます。

(3)明るい笑顔

『笑顔がツボだったら、その後もずっとその顔が忘れられない』(27歳/美容師)

男性がずっと一緒にいたくなるのは明るい笑顔を見せてくれる女性。
自分に笑顔を向けてくれる女性と一緒にいると男性は幸せな気分になり、「また会いたいな」と思ってしまいます。

誰だって不機嫌な顔の人より笑顔の人と一緒に過ごしたいですよね。
「一緒にいて楽しい」という彼女の気持ちが伝わるので、男性も居心地のよさを感じます。

(4)自分への好意が感じられる

『イケるかな?って時期が一番ドキドキして楽しいから、結構デートに誘っちゃう』(25歳/IT)

男性が「また会いたいな」と思うのは、自分への好意をほのめかしてくれる女性。
「付き合えるのでは?」と期待できる女性だと、男性もドキドキするので、また会いたくなってしまいます。

「〇〇君といると楽しい」と言葉で好意を表してくれる人もいれば、恥ずかしそうに照れた表情を見せて好意を感じさせてくれる人も。
どちらのタイプであっても好意が伝われば男性は彼女のことが気になるようになってしまい、また会いたくなるのです。


男性にまた会いたいと思ってもらうには、一緒にいて楽しい気持ちを素直に伝えるのが一番よさそうですね。
緊張して無表情や無言になりがちな人は、「緊張しちゃって」と一言伝えるだけで印象がずいぶん違いますよ。
また次も誘ってもらえるように、上記の4点を意識してみてくださいね。

(恋愛jp編集部)