男性は女性には上品で美しくあってほしいと望んでいます。
それにあたる人が魅力的だと思う傾向にあるようです。

女性が自分で安っぽい発言をしてしまうと、男性にはマイナスイメージ。
今回は、男性に「安っぽい女認定されるNG発言」を4つご紹介します。

(1)「やばい!」が語彙の全て

『え、やばーい!しか言えないって、シラケるわぁ』(31歳/企画)

「やばい!」が語彙の全ての女性は、男性から安っぽい女認定されてしまいます。
かわいいものをみても、美しいものを手にしても、その発言は「やばい」。

あなたの語彙力の方がやばいよ、と言いたくなってしまうようです。
「やばい」は便利な言葉ですが、できるだけその状況に合った言葉を使うようにしましょう。

(2)「これGUで買ったの!」という安物アピール

『それ言われても、やっすい服着てんだなぁとしか思わないからさ』(27歳/インテリア)

「コレGUで買ったの!1000円!」という安物の服アピールは男性にとっては必要ありません。
似合っているか、似合っていないか、立派に見えるかそうでないか。

それだけが重要なのです。
なので、1000円!とわざわざ安い値段を言うことで、大阪のおばちゃんのようなイメージを植え付けかねませんので、要注意です。

(3)「私誰でもいけるから!」というしり軽アピール

『それって、浮気しますよって言ってるようなもんじゃない?』(29歳/金融)

女性が「私、誰でもいけるから!」という誰とでも夜の相手をしますよという発言は完全に安っぽい女認定をされるNG発言です。
特に、グループでそのような発言をしてしまうと、あなたの評価はダダ下がり。
「彼女」にしてもらうことはできなくなってしまいます。

もし、意中の人がいるのなら、そのようなアピールをするのはやめて、
ひとりの人に「あなただけよ」というようにしましょう。

(4)「やだー!」といってボディタッチをみんなにする

『基本、体に触ってくるって誘ってるでしょ』(26歳/飲食)

嬉しそうに「やだー!」といってボディタッチをみんなにする女性は、安っぽい女認定されてしまいます。
自分が嫌だったり、その人との距離を縮めたくないのであれば、毅然な態度をとっていく必要があります。
「やだー!」といってボディタッチをすることで、この子は誰でもいいんだな、と思われてしまいますよ。


いかがでしたか。
飲みの席でついついやらかしてしまいがちな行動ですが、

男性はしっかりと女性の行動を見ています。
できるだけNG発言をしないように心がけて、楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)