もっとイチャイチャしたいのに彼が素っ気なくて……という人は、LINEでイチャイチャしてみてはいかがでしょうか?
人前でイチャイチャするのは抵抗があっても、LINEなら2人の世界に浸れるのでOKかも。
彼を虜にするイチャイチャLINEで、会えない夜も楽しく過ごしてみませんか?

(1)「会いたくなっちゃった」

『会いたくて仕方ないって伝わると愛しくなるよね』(32歳/総務)

「会いたいよー」「〇〇くんの顔が見たいな」「俺も〇〇ちゃんに会いたいよー」という感じで、まずはお互いに会いたい気持ちを伝え合いましょう。
誰にも見せるものではないので、恥ずかしくはありません。
社会人はそんなに頻繁にデートできるわけでもないので、次に会う日まではLINEでイチャイチャして会いたい気持ちを伝えましょう。

(2)「大好き」

『文字にして改めて言われると、すごい心に残るんだよね』(25歳/映像)

普段「好き」とか言わなくても、LINEの中でだけ「好き」とか「大好き」など愛情を伝える言葉を使ってギャップを楽しみましょう。
LINEだけでイチャイチャすれば、毎日のLINEがますます楽しみになるはずです。
「愛してる」なんて恥ずかしくて絶対言えないって人も、LINEなら文字なので言えるのではないでしょうか。

(3)相手の素敵なところをほめる

『褒めることで、自分も改めて相手の魅力に気付かされる』(35歳/建築)

「〇〇君、毎日頑張っててすごいと思うよ」「本当に頭よくて何でも知ってるよね」など、彼の素敵なところをほめましょう。
彼もきっとあなたの魅力的なところをほめてくれるはずです。
お互いにほめあうイチャイチャLINEはポジティブな気持ちになれますので、疲れも癒されて元気になれるでしょう。

(4)寝る前の「一緒に寝ようよ」

『ちょっと恥ずかしいけど、一緒の時間に同じことしてるってことが幸せだったりする(笑)』(26歳/飲食)

寝る前にイチャイチャLINEをすれば、幸せな気分で眠りにつくことができるでしょう。
離れていても、「一緒に寝ようよ」ってイチャイチャすれば、彼には彼女とLINEした余韻が残っています。
そのためまるで一緒に眠りにつくような幸福感を味わえるでしょう。


奥手な彼もイチャイチャLINEなら、普段よりも大胆になれるはず。
面と向かって言うのは恥ずかしい言葉でもLINEなら伝えられるでしょう。
イチャイチャLINEで2人の愛情を深めていってくださいね。

(恋愛jp編集部)