なかなか彼氏ができない人は、残念ながら自分の特徴や振る舞いが男性にとって眼中に入らないものになってしまっている可能性があります。
その決定的な非モテ要素のせいで、知らないうちに男性をドン引きさせているのかも。
そこで今回は、男性が彼女にはしたくないと思うような「眼中に入らない女性」の特徴をご紹介していきます。

(1)自慢をする

『自慢してくるってことは、人から羨ましがられたりするのが好きってことでしょ、ちょっとめんどいかな』(30歳/教師)

自慢話が多い女性は、男性から見て少し面倒臭そうな印象に映ることが多いです。
自己顕示欲の塊で、付き合ったら常に褒めていないと満足してくれなそうな、そんな面倒臭さを感じさせます。

そもそも女性はあまり自分を主張しすぎず、控えめな感じの方が美しいとよく言われるもの。
自慢話や「私ってモテるから〜」的な自意識過剰な発言は控えるべきでしょう。

(2)暗くて話しかけにくい

『一緒にいる想像すらできないよね』(26歳/歯科医)

暗くて声が小さい、あまり笑わないなどの特徴がある女性も、印象としてはかなりネガティブ。
男性からしてみれば話しかけにくさ満載で、到底彼女にしたいとは思えないでしょう。
周りに愛想の良い笑顔の女性がいれば、そちらに自然と惹かれてしまうはずです。

(3)すぐに男性に色目を使う

『全ての男に色目を使ってそうなギラギラしたのはやだな』(32歳/証券)

すぐに男性に色目を使うような、気の多い女性もNGです。
「浮気されそう」「熱しやすく冷めやすそうで付き合うのが大変そう」など、イメージは良くないですよね。

誰だって付き合うなら一途で自分を大切にしてくれる人が良いものです。
気の多い女性と付き合っても、相手の男遊びに振り回されそうな印象しかないでしょう。

(4)言葉遣いが汚い

『「○○しねぇよ」とか「メシ」みたいに言葉遣いが男みたいな人は女としてみられないよ』(29歳/輸入)

言葉遣いが汚かったり、男っぽい仕草が普段から多いなど品がないと、そもそも女性として見てもらえません。
「あの子性格はいいんだけど女性には見えない」と友達どまりになってしまうのがオチ。
男性が女性に求めるのは品や可愛らしさなど、女性であることを感じられるポイントです。


いかがでしたか?
汚い言葉を使ったり、愛想のない対応をしたりするのは、女性として自分の印象を悪いものにしてしまいます。
以上のような特徴に当てはまる人は彼女候補からは外れやすいので、ぜひ非モテ女にならないように注意してくださいね!

(恋愛jp編集部)