彼を好きになればなるほど、どうしても「嫉妬心」も強くなってしまいます。
それを正直に伝えると重い女になってしまいますが、むしろ「可愛い」と思わせる材料にもできるでしょう。
今回は可愛すぎる「やきもちLINE」をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)「好き」を伝える

『他の子どうこうよりも、誠意を伝えてくれる子を選ぶかな』(33歳/証券)

他の女性が男性に目を付けているとき、「取られてしまうんじゃないか」と不安になることはありませんか?
そんな時、男性に独占欲を向けすぎるのは逆効果。

むしろ「自分が一番男性の事を好き」であることを、とことん伝えてしまいましょう。
それなら男性も嬉しい気分になるはずです。

(2)可愛いスタンプ

『かわいいし、やきもち焼かれてることが嬉しくなる』(23歳/会社員)

「やきもち」を文字で伝えるとかなりのインパクトがあり、「重たい」と感じさせてしまいます。
そこで活用したいのが可愛いスタンプ。

恋愛での利用を想定した「可愛くやきもちを焼くスタンプ」というのは、たくさん出ています。
文字では重たくなる内容も、可愛いスタンプのキャラクターに代弁させて伝えましょう。

(3)「○○してくれると嬉しいな」

『飲み会の後に電話くれたら嬉しいな♡っていうLINEは束縛っ気がなくてイイ♪』(25歳/飲食)

やきもちを焼くとき、その根源には「こうしてほしい」という期待があります。
その期待が満たされればモヤモヤした気持ちも解消されることでしょう。

ただ、それをストレートに伝えれば「束縛」や「命令」「過干渉」に繋がることも。
「○○してくれると嬉しいな」とお願いしてみましょう。
強要しない言い方で可愛く頼めば、男性も叶えてあげたいと思います。

(4)落ち着いてから伝える

『冷静に伝えてくれた方が、こっちもその子のことをきちんと考えられるかも』(24歳/サービス)

男性が「重い」と感じてしまう場合、女性側が衝動的に「嫉妬」をぶつけてしまうパターンが多いもの。
可愛く伝えることができないときは、必ず一呼吸置きましょう。

どんなに嫉妬しても、時間が解決してくれます。
じっとしていれば考えが巡ってしまうので、積極的に外出して何かに取り組みましょう。
そうして客観的に自分を見ることができれば、上手にやきもちとして伝えることもできるようになります。


いかがでしたか?
「やきもち」は使い方次第で結果が大きく変わります。
それだけ男性の事が好きである証明なので、しっかりと向き合えるようになるといいですね。

(恋愛jp編集部)