彼のLINEが素っ気ないと、「もっと構ってほしいのに」と思ってしまいませんか?
それなら彼がほっとけなくなるくらい可愛いLINEを送りましょう。
今回は、男性が構いたくなる可愛いLINEについてご紹介します。

(1)「かまって~」

『ストレートなかまってアピールはたまになら可愛い』(29歳/広告)

まずはストレートに構ってほしいことを伝えてみましょう。

男性は「かまって」としつこく言われるとウザく思えてきますが、かといって何も言われないのも寂しいものです。
そこで重くなりすぎないように可愛く「かまって~」と伝えてみましょう。

あなたからの可愛い「構ってLINE」に彼も余裕があれば付き合ってくれるはずですよ。

(2)「〇〇君に会いたくなっちゃった」

『そんな可愛い言われ方したらすぐに会いに行きたくなりますね』(30歳/SE)

彼が忙しくてなかなか会えなくても、「もうずっと会ってないよ」「いつになったら会えるの?」と責めるような言い方をしてはいけません。
それより「〇〇君に会いたくなっちゃった」と可愛く伝える方が彼の心をつかみます。

会いたい気持ちを可愛く伝えたら、「俺も会いたいよ」と言ってくれるでしょう。
構ってほしかったら、可愛いLINEになるように言い方を工夫してくださいね。

(3)彼が好きな話題を

『気になってたお店に誘われると、気持ちが乗りますね』(28歳/IT)

知らない人の話題や、日記のようなLINEは、既読無視の原因となってしまいます。
彼に構ってもらうには、彼が好きな話題にしましょう。

共通の趣味に関する話題なら、彼も返信したくなるはずです。
彼と好きな食べ物が一緒なら、「〇〇くんと一緒に行きたいお店があるの」と誘ってみるのもよいでしょう。

(4)「お仕事おつかれさま」

『僕を労う言葉をかけてくれると、癒されるしキュンとします』(27歳/営業)

仕事が忙しい彼を労わる一言をLINEしてみましょう。
自分を気遣ってくれているLINEは無視することができません。
彼もきっとすぐに返信したくなるでしょう。

彼女から「おつかれさま」とLINEがくれば、疲れていても元気が出てきます。
可愛いLINEでキュンとさせることができたら、彼はきっと構いたくなってくれるでしょう。


可愛いLINEを送ったら、彼もつい構いたくなってしまいます。
自分の話ばかりではなく、彼を喜ばせるLINEを送りましょう。
そうすれば彼はあなたともっとLINEしたくなるはずですよ。

(恋愛jp編集部)