つき合っている時あるいは友達以上の関係の時、会えない日々が続くと寂しくなりますよね。
そんな時、お互いの気持ちが冷めないように工夫してLINEを送る必要があります。
今回は、男が意識し続ける「会えない時のLINE」を4つご紹介します!

(1)最初は毎日LINEする

『毎日LINEしてると、毎日頭の中にその子が浮かぶ』(28歳/公務員)

会えない時期に一番やってはいけないのが、連絡を取らないこと。
特に最初は、できるだけ毎日連絡を取っておいたほうが良いでしょう。
忙しい社会人でも、1日1~2通はLINEのやりとりはやりたいですね。

(2)一時期にLINEを送らない

『こっちからなんて送ろうか、ずっと考えちゃうかも』(24歳/IT)

ある程度毎日LINEのやりとりを続けた後、数日間LINEを辞めてみましょう。
今まで当たり前のように来ていたLINEがぱたりと止まってしまったわけですから、相手の男性も気になってしまいますよね。
「押しに押して最後に引く」作戦は、かなり効果的。

(3)1つの話題をできるだけ長く続ける

『せわしないLINEは心が休まらない』(31歳/講師)

LINEでころころ話題を変えられると、男性はやりとりが面倒になってしまいます。
会えない時期だからこそ、LINEで与える印象が大事になってくるので、いかに男性に楽しんでもらえるか考えなければいけません。
男性から振られた話題は、できるだけ深堀りして長く続けるように心がけて。

(4)質問ばかり送らない

『全然好きなのに重くなるような質問が多いと、本当に重く感じてくる』(33歳/マーケティング)

会えないからこそ不安になりますし、もっと彼のことを知りたくなる気持ちも分かります。
だからといって、「今何してるの?」など質問ばかり送るのはNG。
質問攻めされると、男性は「この人しつこいな」と煙たがられてしまいます。


男が意識し続ける「会えない時のLINE」を4つご紹介しました。
会えない期間が続くとどうしても寂しくなりますが、それをLINEで爆発させるのはよくありません。
今回の記事を参考にして、お互いの気持ちが冷めない関係を築いてくださいね!

(恋愛jp編集部)