LINEのやりとりによって2人の距離を縮めていくことができますが、2人の距離が縮まらない場合もあります。
「彼女にしたい子」と「したくない子」の差はどこにあるのでしょう?
両者のLINEの違いを男性に聞いてみました。

(1)LINEの長さは?

『長々と送ってこられるのはイヤだな』(30歳/公務員)

彼女にしたい子としたくない子では、1回のLINEの長さにも違いがあります。
短文で読みやすく返信しやすいのが「彼女にしたい子」。

一方、「彼女にしたくない子」のLINEは長文で読むのが面倒です。
中にはスクロールしなきゃ読めないものもあって、男性は読む気が失せてしまいます。

(2)すぐに返信できなくても大丈夫?

『返事を催促してくるようだと長く付き合えないなと思う』(29歳/IT)

すぐに返信がこなくても待ってられる女性なら、男性は「彼女にしたい」と思います。
彼にも都合がありますので、すぐに返信できないときもあるでしょう。

一方、既読がついたのに返信がこなければ催促のLINEをしてしまうのが「彼女にしたくない子」の特徴です。
既読をつけてしまってもすぐに返信できないこともありますよね。
相手の立場になって考えられないので、彼女にはしたくないと思われてしまいます。

(3)LINEの内容は?

『毎回ネガティブな内容ばかり送ってこられるのはウンザリ』(25歳/商社)

いつも明るい内容のLINEを送る女性なら「彼女にしたい」と思ってもらえます。
誰かの悪口や彼への苦情をLINEで言ったりしません。

一方、ネガティブな内容が多い女性は「彼女にしたくない」と思われます。
読むと気が滅入るので、LINEするのも嫌になってしまうようです。

(4)可愛い?

『女の子らしさが感じられないと友達止まりかな』(26歳/商社)

言葉遣いや内容、スタンプなど、可愛いLINEを送ってくれる女性なら、男性は「彼女にしたいな」と思います。
しかし、男言葉を使ったり、気持ち悪い系のスタンプを使ったりなど、女性としての可愛さが感じられなかったら「彼女にはしたくないな」と思われてしまうでしょう。


男性が「彼女にしたい子」と「したくない子」のLINEの違いをご紹介しましたが、あなたはどちらに当てはまりましたか?
もちろん「彼女にしたい子」のLINEを目指したいものですね。

今回ご紹介したものは簡単なものばかりです。
ぜひ参考にしていただいて、気になる彼が「彼女にしたい」と思うようなLINEを送るようにしてくださいね。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条