取り入れ方次第では、オシャレ度がアップする柄コーデ。
上手に取り入れたいところですが、男性から見て「柄コーデ」ってどう映っているのか気になりませんか?

そこで今回は、男性が隣を歩きたくなくなる「柄コーデ」を4つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)ヒョウ柄コーデ

『トップスとかスカートがヒョウ柄なのはちょっと派手好きに見えるかな』(25歳/広報)

女性からはおしゃれアイテムとして人気のヒョウ柄。
大人っぽいイメージがあるのかと思いきや、意外にも男性ウケはあまりよくありません。

「派手な印象」「下品に見える」との意見が多数。
なかには「大阪のおばちゃんみたい」と感じる男性もいるんだとか。
ヒョウ柄をコーデに取り入れる場合は、小物などでワンポイント程度にするのが良いでしょう。

(2)迷彩柄コーデ

『男っぽくみえるから、可愛いとは違うかな』(32歳/映像)

ファッションアイテムとして女性には人気の迷彩柄も、男性からは低評価。
「自衛隊みたい」「戦闘服っぽい」「強そう」などの意見もあるようです。

迷彩柄に男っぽいイメージをいだくようで、「女性らしくない」と感じる男性が多いようですね。
ヒョウ柄同様に迷彩柄も、小物使いで取り入れるほうが良さそうです。

(3)派手な花柄コーデ

『ちょっと田舎のおばさんとか履いてるイメージで……』(28歳/人事)

女性らしさをアピールできる花柄コーデですが、あまりにも派手な花柄はNG。
「古臭い」「ダサい」と感じる男性もいるようです。

特に花柄のパンツは男ウケが悪く「一緒に歩きたくない」との意見も。
花柄にはいろいろな種類があるので、コーデに取り入れる際には、派手すぎない花柄を選んでおくのが無難でしょう。

(4)大きめのドット柄コーデ

『ちょっとデートで着てこられたら引くかな』(30歳/商社)

可愛らしい印象のあるドット柄の中でも、大きめのドット柄には要注意。
「子どもっぽい」「大人が着るとダサい」という意見もあるようです。

大人女性がドット柄を取り入れる場合には、小さめのドット柄にしたり、黒×白などの落ち着いた色合いにするなど、子どもっぽくなりすぎないようにすることが大切ですよ。


いかがでしたか?
今回は、男性が隣を歩きたくなくなる「柄コーデ」を4つご紹介しました。
ぜひ参考にして、柄コーデを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)