エッチに積極的になろうとするのは良いことですが、空回りすると正直エッチ中は気まずい空気が彼的には流れてしまいます。
そんな中でするのも実際は集中できませんし、彼としては一苦労です。
今回は、彼が引いてしまうベッドの上の勘違い肉食系女子をご紹介していきます。

(1)すぐに2ラウンド目を求める

『今終わったばかりだとちょっと無理ですね……』(25歳/不動産)

「男性はとにかくエッチしたいもの」と考えている女性は要注意。
確かに性欲強めな男性もいますが、性欲が強いからといってすぐに2ラウンド目にいけるとは限りません。

そもそもエッチはかなり体力を使うので、一度はしばらくベッドで休みたいものでしょう。
そんなときにすぐ彼女から「またしよ?」なんて言われたら、彼もイヤイヤイヤ……となってしまうはず。

(2)女王様になる

『キャラが変わって女王様チックなのは引いた』(32歳/歯科医)

エッチに積極的になることを、「ドSな女王様」になることと勘違いしている肉食系女子は意外と多いもの。
急に「この豚!」なんてドSな発言をしてきて正直引いた……という男性も多いでしょう。
そもそも女王様プレイを望むような男性はそこまで多くないので、正直引かれるリスクの方が高いです。

(3)肉食アピールしてたのに実際はマグロ

『ヤル前のアピールがすごかったからマグロだった時は残念だったな』(35歳/公務員)

逆に、肉食アピールをしていたのにも関わらず、実際はマグロなんて話もよくあります。
「私って性欲強いから」「〇〇君のことめちゃくちゃにしちゃうかも」なんて、する前の言葉だけは達者というパターンですね。
だけど実際にしてみたら、全然彼を攻めることなく、むしろマグロ……なんてことも。

(4)演技が分かりやすい

『イク演技が下手すぎて引いた』(29歳/映像)

変に積極的になろうとして、感じたり喘いだりするときの演技が分かりやすくなってしまっている女性もいます。
タイミングのおかしいときに感じるようなそぶりを見せたり、急に大きな声で喘いだり……。
そんな不自然な演技をしていれば、さすがに彼も「演技?」と気づくでしょう。


いかがでしたか?
以上のような勘違い肉食系女子には、さすがに彼も引いてしまいます。
そんな勘違い行動が多くなればなるほど彼の好感度はどんどん下がるばかりなので、ぜひ注意してくださいね!

(恋愛jp編集部)