男性からいつもLINEを打ち切られたり、ひどいときはブロックされたりしている人は、メンヘラLINEを送っている可能性大。
どこか病んでいるような、粘着質なような、そんな面倒臭い印象を受けるメンヘラ女子。
今回は、男性からメンヘラ認定される女性のLINEの特徴をご紹介していきます。

(1)ネガティブLINEを連投

『自分に自身がなさすぎなんだよね、読んでて暗くなる』(25歳/アパレル)

メンヘラ女子は、とにかくネガティブでいろいろと気にしいなのが特徴的。
一つのことを心配し出したら止まらず、そしてその悩みを周りの人に聞いてもらわないと気が済みません。

そのため「〇〇だったらどうしよう」「もう駄目かも」「なんで私ってこうなんだろ」的なネガティブLINEを連投。
当然ながら男性は、それを見て「うわ、メンヘラかよ……」と感じてしまうはず。

(2)催促が怖い

『ちょっと返信できないでいたら、通知が恐ろしいことになっててめっちゃ引いた』(30歳/広報)

メンヘラ女子は、とにかく催促が怖いんです。
少しでも既読スルーが続くと不安が止まらず、過剰に催促LINEを繰り返してしまいます。

メンヘラ具合がひどいと、さらに「返信してくれなきゃ死んじゃうから」なんて極端なことを言い出すことも。
これを見て、男性は積極的にやり取りしたいとは到底思えないでしょう。

(3)いつも長文

『うだうだと長いだけのLINEってほんと疲れる』(25歳/美容師)

長文が多いのも、メンヘラ女子の大きな特徴の一つ。
いつも無駄に長文で、しかも暗いことやかまってちゃんなことばかりで、受け取った男性を困らせます。

長文LINEを返信するのって正直大変ですよね。
だからこそメンヘラな長文LINEは、男性から避けられがちなんです。

(4)相手のことを過剰に知りたがる

『あんま気を許してない人からの質問ぜめって怖くない?』(28歳/製造)

変に相手のことを過剰に知りたがるのも、怖いメンヘラ女子のLINEの特徴。
思い込みがはげしく、心配事が尽きないため、彼の身の回りのこともとにかく気になって仕方がないのでしょう。
付き合ってもいないのに束縛彼女のようなことを言われて、警戒する男性は多いです。


いかがでしたか?

男性からメンヘラ認定されると、やっぱりLINEでもブロックされたり無視されたりすることが増えがちになります。
相手を困らせるような一方的なLINEは、まずはマナーとして控えるようにしておきたいところですね。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?