女性の間では「こなれ感」「ぬけ感」のあるファッションはもはや定番ですが、男性には理解できない一面があります。
男女でおしゃれについて温度差があるため、自分はおしゃれだと思っていても男性には一緒に連れて歩くのはムリだと思われていることも!?
このページでは男が実はムリな「NGファッション」について紹介します。

(1)レギンス

『レギンスのよさがわからない。なんでストッキングじゃだめなの?』(29歳/営業)

黒ストッキングは好きな男性もレギンスに対してはあまりいい声を聞きません。
レギンスは女性の間ではおしゃれのマストアイテムですが、「太い足を隠そうとしている」「車引きみたいに見える」などの声も聞かれます。

(2)前だけインした白シャツ

『なんで前だけインしてるの?後ろも入れるか、両方出せば?』(28歳/IT)

前だけインした白シャツの着こなしも、男性には理解できないおしゃれファッションです。
男性はふんわりとした抜け感なるものにイマイチピンとこないため、よくわからないおしゃれをしている「意識高い系」の人にも見られてしまうため注意しましょう。

(3)袖の開いたブラウス

『食事するときとかに邪魔そう』(32歳/飲食)

袖口にかけて広がりのあるブラウスも男性にとっては「なんだか動きにくそう」「メキシコ人みたい」と微妙な評価です。
男性受けを意識しておしゃれをしたつもりが、逆効果だとなんだか悲しいですよね。
見た目が機能的であるかも男性受けを意識する上で大切なポイントです。

(4)テーパードパンツ

『作業着っぽさが好きじゃない。女の子らしくない』(30歳/マーケティング)

裾にかけてきゅっと細くなったテーパードパンツは、すっきり着こなせるのでおしゃれ女子を中心に人気がありますよね。
テーパードパンツも男性にはNGなんて!?と思う人も多いのではないでしょうか。

ボリュームがあって裾だけが細くなっているタイプだと「建築現場の作業着っぽい」と思う人もいます。
あまりボリュームのあるパンツは避けて全体的なバランスに気をつけると、好印象です。


あれダサいよな……(笑)男が実はムリな「NGファッション」4つを紹介しましたがいかがでしたか?
女性的にはおしゃれでも男性にはNGの場合があるので気をつけましょう。

(恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?