おしゃれ女子は、雨の日だっておしゃれしたい、モテたいのです。
傘だって、選び方を覚えればモテ要素に早変わりします。

(1)おしゃれビニール傘

『ビニール傘に柄があると、透け感とあいまって綺麗ですよね』(30歳/販売)

コンビニで売っているようなシンプルなビニール傘は非モテアイテム。
もし、ビニール傘を選びたいなら、一工夫されているものを選んでみましょう。

おしゃれなテープのデザインが施されていたり、柄の部分が加工されていたり。
少しこだわることでテキトーさやズボラな印象を避けることができます。

(2)水玉柄

『雨の日って感じで見てても可愛い』(25歳/アパレル)

男子から人気が高いのが、水玉柄。
確かに男子はあまり持つことのできない、女性らしいアイテムでもあります。

雫を思い起こさせる水玉柄は、雨の雰囲気にもぴったり。
なおかつ、おしゃれなデザインであれば気分を軽やかにもしてくれるでしょう。

(3)ボーダー柄

『あんまり派手なのはたとえ傘でもセンス疑うな』(29歳/広告)

水玉と並んで人気が高いのが、ボーダー柄の傘。
モノトーンやカラフルなものなど、様々なボーダーの傘が販売されていますが、男子ウケを狙うならシンプルなもの。

2トーンカラーのものであれば、派手になりすぎることなく男子ウケを狙えるでしょう。

(4)ブランド傘

『何の気なしにみたときちょっといいブランドだと、気を使ってるんだなって好印象』(25歳/金融)

ブランド傘を選ぶ際に注意したいのは、前面にロゴが散りばめているなど派手なものにならないようにすること。
多くの男子は、ブランドのものであることが派手にアピールされたアイテムを嫌います。

柄の部分にさりげなくロゴが施されているなど、落ち着いたものであれば逆に高評価。
ブランドのものを選ぶときは、さりげなさを忘れずにしましょう。


多くの男子は、派手すぎる・可愛すぎる傘が苦手な模様。
デートはシンプルなもので、女子会には派手なもので、と傘も使い分けが必要です。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む