10代や20代前半の頃は周りの目を気にせずに好きなファッションができたのに、20代半ばを過ぎるといろいろと考えてしまいますよね。
コーデに気を使ったつもりが「実は“老け見え」してしまうNGトップスがあるんです。

このページでは老け見え”する「NGトップス」4つを紹介します。

(1)オフショルダー

『20代後半になってくると、やっぱ肌感が出てくるものだよね』(30歳/代理店)

夏の定番のオフショルダーですが、大人可愛く甘すぎず着こなすことができるのでお役立ちアイテム。
そんなオフショルダーにも老け見えする危険な罠が潜んでいます。

その罠とは、オフショルダーの場合首から鎖骨にかけてのデコルテラインがあらわになりますが、意外とくっきりと年齢が出てしまいます。

「若いと思っていたけれど実はおばさんなんだな」と男性に密かに思われる場合が……。

(2)袖丈が中途半端なブラウス

『7分袖のチュニックとかは、おばさんにしか見えないな』(24歳/美容師)

ぷにぷにとした二の腕が悩みという女性も多いですよね。
ほどほどのぽっちゃり感は可愛いですが、あまりにしまりがないと「生活臭あふれるおばさん」に見えてしまうことも。

ブラウスの袖の長さは中途半端だともったりとして見える場合があるので、すっきりと見せる長さのものを選びましょう。

(3)リボンタイブラウス

『年齢層に合わせたものじゃないと、老け見え必至です!』(26歳/アパレル)

お嬢様っぽいリボンタイブラウスも実は老け見えしてしまう場合があります。
特にリボンの大きめのものを選ぶと、アラサー女子の場合若作りしすぎに見えてしまいます。

大人可愛いをめざしたつもりが逆効果ため、気をつけて。

(4)ゆったりサイズのニット

『うちの母ちゃんみたい(笑)』(23歳/販売)

男性が好む女性のファッションは基本的にすっきりしとして見えるものです。
そのためゆったりサイズのニットを着ている女性はデブ隠しにも思われてしまい、あまり印象がよくありません。

ゆったりサイズのニットを着るなら、ボトムスはタイトなものを選ぶなど工夫しましょう。


【気を付けて!】実は“老け見え”する「NGトップス」4つを紹介しましたがいかがでしたか?

何気なくしているファッションが実は男性には不評の場合があるので、大人可愛いファッションを選びましょう。

(恋愛jp編集部)