キスしたくなる瞬間は、やっぱりカップルのラブラブな時間の中である程度パターンが決まってきます。
つまりキスしたいと思ったときは、彼が思わずキスしたくなる瞬間を逃さないことが大切になるというわけです。
そこで今回は、彼が思わずキスしたくなる瞬間を4つ、徹底的に解明していきたいと思います!

(1)お酒を飲んだとき

『好きな彼女と一緒に飲んでいたら、勢いでついしたくなってしまう』(26歳/公務員)

実は多くの男性が、お酒を飲んだときに、彼女にキスをしたくなるといいます。
隣に彼女がいたら、周りに人がいてもお構いなしで、彼女を襲いにいってしまうかもしれません。
お酒が入ると誰だって気分がとろーんとしてきますし、雰囲気的にもキスしやすくなるからですね。

(2)彼女の大切さを思い出したとき

『愛おしさのあまりキスしたくなる』(25歳/広告)

キスはスキンシップ、つまり恋人同士の愛情表現です。
だからこそ、彼女にしっかりと愛情を伝えたいときにキスしたくなるのは当然ですよね。

例えば彼女との思い出に触れたとき、彼女が可愛いとき、彼女に支えてもらったとき、彼女から感謝されたとき……。
彼女が自分にとって大切な存在であることに気づいたとき、彼は愛情表現としてキスしたくなるんです。

(3)彼女の唇がセクシーだったとき

『女性らしい魅力的な唇だと、つい』(30歳/メーカー)

唇を見てキスしたくなる、というのもよくあるパターンです。
彼女の唇がプルプルでとても色っぽい印象だったとき、その魅力に吸い込まれてしまう男性は多いもの。
彼のキス欲を刺激するなら、唇をセクシーにしておくというのも実は大事なポイントなんです。

(4)甘えられたとき

『可愛いなって思わされるときが、キスしたくなる瞬間ですね』(32歳/製造)

彼女に甘えられて愛おしさを感じ、キスしたくなる男性も非常に多いです。
可愛く甘えられたら、その魅力にやられて、彼は思わず押し倒したくもなるはずです。

また、積極的に胸を押し付けられて甘えられたり、少しあざとく小悪魔チックに甘えられたり……。
そんな据え膳的なシチュエーションで黙っている彼氏なんてなかなかいませんよね。


いかがでしたか?
キスするシチュエーションにうまく持って行くなら、まずは彼がどんな時にキスしたくなるものか考えてみることが大切です。
彼と今キスしたい……と思ったら、ぜひ彼のキス欲を刺激できるように行動してみましょう!

(恋愛jp編集部)