韓国といえば美容大国で有名で、韓国ファッションを参考にしているオルチャン大好きな人も多いですよね。
でも……さすがにコーデに韓国っぽさが出てしまうと、男性は嫌がることも多いんです。
そこで今回は、男性が嫌がるやりすぎ韓国風コーデをご紹介していきたいと思います。

(1)タイトスキニー

『少女時代とかの影響?』(26歳/広報)

オルチャンファッションといえば、美脚アピールのタイトスキニーが印象的ですよね。
男性にとってもそのイメージは強いので、あまりにもタイトなスキニーを履いているとさすがに韓国すぎてやだな……と思われる場合も。
さらにトップスをインしていたら、より韓国風になって嫌がる男性は多いかもしれません。

(2)テニススカート

『なんで日本ではダサいやつを着るのかな』(31歳/公務員)

ミニのテニススカートも韓国風コーデの中でよく見かけますよね。
プリーツが入ったタイプは非常に多いです。

シューズに靴下+スニーカーがあったら、さらに韓国っぽさが増します。
そもそもテニススカートは、短かすぎてさすがに年齢的に微妙な印象を抱かれることが多いので要注意。

(3)台形スカート

『うーん、可愛いのはわかるんだけどあまりにも流行りを意識しすぎかな』(28歳/企画)

台形スカートも韓国アイドルやモデルのコーデでよく見かけますよね。
実際、日本のファッションでも台形スカートはかなり流行っています。

ただ、流行り過ぎているからこそ毛嫌いする男性も結構多いです。
彼女が急に台形スカートコーデでデートに来たら、韓国コーデにしか見えない……と彼は思ってしまうかも。

(4)ビッグサイズパーカー

『ダボダボパーカーに加えて、髪型もそれっぽいとなんか苦手かも』(25歳/映像)

ビッグサイズのパーカーも韓国風のカジュアルコーデでよく見受けられますね。
日本でもビッグサイズでトップスを着こなすのはトレンドの一つなので、ビッグサイズのパーカーが好きな人も多いかもしれません。

ただ、こちらも韓国風コーデと男性には思われがちなので要注意。
ビッグサイズの服をうまく着こなす自信がない人は、あまり選ばない方が安心かも。


いかがでしたか?
韓国風コーデは、それっぽさが出過ぎるとさすがに男性にも引かれがちですし周りから浮きがちになります。
少し日本のトレンドを意識しつつ、オルチャンファッションを楽しんでいけるのが良いかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)