女性に優しくされたら、それだけで彼女のことが好きになってしまう男性もいるようです。
男性には、特に優しさが身にしみる瞬間があるみたいですよ。
今回は、男性が女性の優しさを感じる瞬間についてご紹介します。

(1)ドタキャンしても怒らなかったとき

『仕事を理解してくれる子ってなかなかいないから、こんな子いたら絶対惚れる』(31歳/医療関係)

忙しい男性は、急用でデートをドタキャンせざるを得ないときもあるでしょう。

そんなとき、ひどく責める女性もいるはず。
女性だって仕事をしていれば、デート当日に早く帰れるよう、数日前から残業して仕事を片付ける努力をしていたかもしれません。

しかし、こういうときに「仕事なら仕方ないよね。仕事が落ち着いたら会おうね!」と気持ちよく受け入れてくれる女性もいます。
そんな女性に男性は優しさを感じて惚れ直すでしょう。

心の広さを見せることで、彼の愛情は深まるかもしれませんね。

(2)体調が悪いとき看病してくれた

『こういう時、女の子の母性を感じて甘えたくなる』(26歳/販売)

体調が悪いと弱気になってしまいますよね。
1人暮らしだと、たとえ熱があっても自分で何もかもしなくてはいけないので大変。

そんなときに彼女が看病しにきてくれたら、天使のように見えるかも?
食事の用意をしてくれたり、氷枕を交換してくれたりして、献身的にお世話をしてくれたら「彼女をずっと大事にしたい」と思ってしまうみたいですよ。

(3)さりげない気遣いをしてくれたとき

『いつでもハンカチを持ってる子って清潔感があってイイ♡』(23歳/飲食)

手が汚れたときに、ウエットティッシュやハンカチをさっと渡してくれる女性。
そんなさりげない気遣いに優しさを感じる男性も多いようです。

女性ならではの細やかな気遣いができる人って魅力的ですよね。
自己中心的ではないので周りに気を配ることができるのでしょう。

小さな気遣いでも男性にとっては「惚れちゃいそう」と思うほど身にしみることがあるみたい。

(4)落ち込んでいるときに励ましてくれた

『辛いとき、職場の女性の先輩が励ましてくれて、すっかり好きになってしまいました』(24歳/IT)

絶好調なときよりも、落ち込んでいるときこそ人の優しさが身にしみるもの。
辛いことがあって落ち込んでいるときに、そばで励ましてくれる彼女に優しさを感じる男性も多いです。

彼が辛そうにしているときは、癒してあげられるような女性になりたいですね。


いかがでしたか?
男性は、ピンチのときほど女性の優しさを感じるみたいです。
どんなときも優しい気持ちを忘れないようにしたいですね。

(恋愛jp編集部)