LINE通知を見つけたら、他にも来ていても真っ先に開いて確認しちゃうんだよな……。
男性に返信を心待ちにしてもらえるようなLINEの返し方をしたいですね。
LINE上手な女子はどんな返信をしているのでしょうか。

(1)大事な返信はなるべく早く!

『返事が早くほしいことをわかってくれてるところがイイね』(26歳/金融)

「次の日のデート、待ち合わせはどこに何時にする?」
予定を把握しておきたくて聞かれている……すぐに返信が欲しい内容です。
そんな場合はできるだけ早く返信を心がけましょう。

重めな相談内容も同様。
もしその時に忙しければ、「夜でもいいかな?」と相談に乗れる時間帯を指定します。

重要だと思われる内容ほど、すぐに返信が欲しいものですよね。
すぐ返信できず既読スルーになってしまいそうなときは一言LINEで伝えておきましょう。

(2)距離感をつめるのが上手!

『固すぎてもだめ、馴れ馴れしくてもだめ、ちょうどいいとやっぱLINEしやすい』(33歳/編集)

まだ知り合って間がないのにタメ口で絡まれるのも軽く感じるし、敬語ばかりも距離を感じる……。
距離感をつめるのがうまい女子は、敬語とタメ口をうまく使うのです。

「ディナーごちそうになっちゃってありがとうございました!美味しかった~♡」
なんてLINEをもらうと男性も敬語を崩しやすいし、距離感が縮まったように感じます。

(3)〇〇くんのこと考えてたよ!

『ずるい!どきどきしちゃうじゃん~』(25歳/会社員)

「今何してる?」と男性からLINEが来たとしたら……。
ふと今何しているのかな?と思ったからLINEをくれた。

もしLINEに気づいてすぐに返信できる状態なら「びっくりした!私も今〇〇くんのこと考えてたよ!」と送ってみましょう。

男性は「またまた~!」なんて思いながらも喜んじゃう。
同じ時間にお互いのことを考えていた……舞い上がるほど嬉しいです。

(4)何気ない会話でデートの約束を♡

『あまりに盛り上がっちゃったらデートに誘わないわけにはいかないでしょ』(27歳/自営業)

「今日は夕飯早かったからもうお腹がすいてきちゃった!」
要件は特にない独り言LINEを彼に送信。

「分かる!俺よく夜にカップラーメン食ってしまうんだよ!」
「それあるあるだよね!夜のカップラーメンってなんであんなに美味しいんだろうね。」
会話は続いていきます。

でも思いがけずデートの約束が舞い込む。
「こんな話していたらラーメン食べたくなってきた!夜のラーメンマジなやついかない?」
なんて急なデートのお誘い……行くっきゃないでしょ!


LINE上手になりましょう。
返信の仕方で未来が決まると言っても過言ではありません。
上手に返信して気になる彼ともっと仲良くなるのです。

(恋愛jp編集部)