男性をおとすコツの1つに、「普段とギャップを見せる」という方法があります。
しかし男性に見せていいギャップと見せたらヤバイギャップがあるのも事実。
今回は、男をおとす「武器になる」ギャップを4つご紹介します!

(1)嫌いな男性はいない「ツンデレ女子」

『普段ツンツンした子がたまに見せるデレッとした態度にキュンとくる』(29歳/営業)

普段はツンとした態度を取るのに、ふとした瞬間に可愛いデレの部分を見せるツンデレ女子。
そんなツンデレ女子を嫌がる男性はいないんじゃないかと思う程人気が高いです。
自分にしか見せないデレが、男性にとって夢中になるポイントとなるのでしょう。

(2)おとなしそうに見えて実は……「スポーツ女子」

『おとなしそうな印象だったのに、実はスポーツ大好きって部分を知るとギャップでグッとくる』(31歳/企画)

一見おとなしくて静かなイメージが強い女性が、実は休日にもっぱらスポーツを楽しむギャップも魅力的。

ジョギングやジムは当たり前、たまにテニスやバレーなど球技もしたりして、とにかく体を動かすことが大好き!
静かな女性が楽しそうにスポーツをする姿に、男性も魅力に感じるようです。

(3)ゆるふわ系かと思いきや?「アクティブ女子」

『可愛らしくて、女の子らしい趣味なんだろうなーって思っていた子が実はバリバリのアウトドア派!完全に惚れ直しちゃいました』(28歳/マーケティング)

物腰がやわらかくゆるふわな雰囲気を漂わせる女性が、実はバリバリのアウトドア派だったというギャップ。

ふわっとした雰囲気の女性が率先して外へ出る姿は、男性にとっていい意味でギャップを感じるようです。

(4)普段はバリバリのキャリアウーマンだけど?「ハンドメイド女子」

『いつもテキパキしていてかっこいいと思っていた先輩が、ハンドメイドが趣味だと知った時のギャップはやばかった』(27歳/広告)

職場ではテキパキと働くキャリアウーマンが、休日は家でゆっくり過ごすギャップに、男性はときめくようです。

ただダラダラ過ごすのではなく、ハンドメイドなど女の子らしい趣味をして過ごしていると、さらにギャップが増します。

普段見る姿とプライベートの姿が正反対であればあるほど、男性は興味を持ってしまうようですね。


男をおとす「武器になる」ギャップを4つご紹介しました。
「穏やかに見えて実は活発」か「活発に見えて穏やか」にわかれるといった感じでしょうか。
自分の短所を隠しつつ、気になる彼に武器になるギャップを見せていきましょう!

(恋愛jp編集部)