LINEしたらなるべく早く返信が欲しいものですが、催促はしたくないですよね。
それならできるだけ返信したくなる内容を送るようにしてはいかがでしょうか。
男性がすぐに返信したくなるLINEを4つご紹介します。

(1)体調を気遣ってくれる

『僕の体調を気遣ってくれる内容だと嬉しくなるし、心配かけて悪いなぁと思うのですぐに返信したくなります』(31歳/コンサル)

顔を合わせたときに彼がお疲れ気味だったり風邪っぽかったりしたら、体調を気遣うLINEを送ってはいかがでしょうか?

「疲れてるみたいだったけど大丈夫?」「風邪みたいだったけど辛くない」といった彼の体を気遣うLINEなら、彼もすぐに返信したくなるでしょう。

自分の体調を気遣ってくれる人がいるのは嬉しいことです。
彼女が心配しているので、彼も「早く返信しなきゃ」って思ってくれるでしょう。

(2)悩みの相談

『悩みを打ち明けてもらってるのに、返信を遅らせるのは申し訳ないからすぐに返信します』(32歳/経営)

男性は女性から悩みを打ち明けられると、信用されていることが実感できて嬉しくなります。
彼女が自分だけに相談しているのだとすれば、その信頼に応えなくてはと思い、すぐに返信したくなるようです。

男性は女性に頼られると嬉しくなるものですが、自分を一番頼りにしてくれていることで自尊心をくすぐられ、何とか力になってあげたいと思ってしまいます。

(3)「仕事終わった?」という確認のLINE

『もしかしたら会えるのかも!と思うので、チャンスを逃さないように即レス!』(28歳/建築)

ちょうど仕事が終わるくらいの時間に女性から「仕事終わった?」とLINEがくれば、男性は「ひょっとして今から会おうというお誘い?」と思ってしまいます。
そのため期待をこめてすぐに返信したくなるようです。

ただし誘われたくないときは、すぐに返信をくれないかもしれません。

(4)さっきの会話の続き

『盛り上がっていた内容ならとくにすぐ返信したくなる』(30歳/経営)

会話の途中で中断してしまったときや、もっと話したいことが思い浮かんだとき、「さっきの続きだけど……」とLINEすれば彼もすぐに返信したくなるでしょう。
会話が中途半端になってお互いに気になっていたなら、きっと盛り上がるはずです。

ただしネガティブな内容の話をLINEで蒸し返すと、男性はめんどくさくてすぐに返信をくれないかもしれません。
LINEで会話の続きをするときは、ポジティブな内容のものだけにしたいですね。


男性から返信がこないことが多い人は、LINEの送り方や内容に問題があるのかもしれません。

彼から早く返信がほしいなら、すぐ返信したくなるような話題にしてみてはいかがでしょうか。
内容しだいでは、気づいたらすぐに返信してくれるでしょう。

(恋愛jp編集部)