「好き」といっても、ちょっと好きな相手とすごく好きな相手には違う態度を取ってしまうものですよね。
男性も本当に好きになった女性は特別扱いしてしまいます。

今回は「男性がマジで惚れた女性にしか使わない言葉」をご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

(1)「次はいつ会える?」

『またすぐ会いたいからつい聞いちゃう』(32歳/建築)

好きな人だったら、会ってもまたすぐに会いたくなってしまいます。
マジで惚れているので、彼女の都合に合わせてでも約束しておきたいのです。

「今日会える?」ではなく、「次はいつ会える?」と予定を聞いてくれたら、彼はあなたにマジで惚れているのかも?

(2)「ずっと一緒にいたい」

『本気で惚れてる相手にしか言わないよ』(25歳/証券)

大好きな女性とは、毎日でも一緒にいたいものです。
そして、これから先もずっと一緒にいたい……。
そんな風に思ってもらえたら、女性としては感激ですよね。

「ずっと」には結婚の意味も含まれているのかも?

(3)「友達に紹介したい」

『ほんとに真剣にこの先も付き合っていきたいから、紹介したい』(29歳/不動産)

男性は、遊びの相手を友達に紹介したくありません。
友達や家族など、自分の身近な人には、大切な人しか紹介したくないからです。

そのため、男性から「友達に紹介したい」とか「今度実家に行くとき一緒に来ない?」なんて言われたら、彼はあなたにマジ惚れしている証拠。
本気で付き合いたいからこそ、自分の大切な人たちにも紹介したいと思っているのです。

(4)「体調大丈夫?」

『できれば家まで送ってあげたいくらい心配だよ』(31歳/営業)

男性はマジで惚れた女性の具合が悪いと、ものすごく心配してしまいます。
誰よりも「体調は大丈夫?」といった心配をしてくれる彼は、きっとあなたのことを本気で好きなのでしょう。

それほど好きではない相手には、体調の心配なんてしないので、彼が心配してくれるかどうかで本気度が確認できるでしょう。


いかがでしたか?
ご紹介したような言葉を彼が使ってくれるなら、きっとあなたにマジで惚れているのでしょう。
もし「好き」ってあまり言ってくれなくても、彼の言葉には愛情が隠れていますので安心してください。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む