キスも経験を積み重ねるうちに、だんだん上手になっていきます。
つまりキスすることで、彼にあなたの恋愛経験値がわかってしまうってことです。

ということはキスがぎこちなかったら、恋愛経験のない女性って思われちゃうかも?
あなたのキスはどのタイプか、チェックしてみてください!

(1)緊張で固まってしまうキス

『緊張して固まってると、慣れていないんだなっていうのが伝わってくる』(31歳/IT)

彼がキスしようとしてきたときに、ガチガチに固まってしまうあなた。
緊張から唇をしっかりとじてしまっているので、唇の柔らかさが伝わってきません。

このタイプのキスは、「慣れていないんだな」って彼にすぐわかる初心者のキス。
うぶな女性に見せたい時はいいかもしれませんね。

(2)軽く触れるようなキス

『キスの段階がわかってると慣れてるのかなって感じる』(29歳/SE)

キスに慣れないと、距離感やタイミングがつかめず、いきなり唇を押しつけるようなキスになることも。

キスに慣れてきたら、最初は唇が軽く触れるようなキスから始めることができるようになります。

落ち着いてキスができるようになれば、中級以上の恋愛経験値があると思ってもらえるでしょう。

(3)キスのムード作りがうまい

『キスに慣れてる人はキスするまでのムード作りがうまいよね』(28歳/営業)

恋愛経験値の差は、キスする前から表れています。
キスする前の視線、彼の首や背中に手を回したり、顔を触ったり…。
十分にムード作りをしてからのキスは、男性をメロメロにしてしまうでしょう。

このようなキスができる女性は、恋愛経験値が上級。
恋愛経験が少ない男性だとドキドキが止まらないかも?

(4)焦らすようなキス

『焦らされるとたまらない!大人のお姉さんにキスしてもらってるみたいでキュンキュン!』(27歳/SE)

もう少しでキスというところで焦らし、キスの主導権を握ってしまうあなた。
焦らすようなキスができれば、もうキスの達人。
あなたのキスに彼は虜になってしまうはず。

焦らすキスがうまい女性は、恋愛経験も豊富。
「俺より恋愛経験値高そう……」と男性に思われてしまうかもしれませんね。


恋愛経験が表れてしまうのがキス。
ある程度の年齢になると、キスが下手ではモテない女性と思われてしまうのが心配ですね。

とはいえ相手がいなければキスも上達しませんので、キス初心者の方は唇に力を入れず、ゆっくりとしたキスを心がけてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)