デートの服装選びって悩みますよね。
彼に可愛いって思われたいし、ドキッとさせたいって思うのが女心。
では、どのようなところに注意してコーデすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、彼をドキッとさせる「デートコーデ」のポイントを、紹介していきます。

(1)シンプルにまとめる

『ガチャガチャしている服は子どもっぽくて好きじゃない』(27歳/サービス)

派手なものや、フリルやリボンなどがたくさん付いている服はあまり好まれません。
特に初デートでは避けたほうが良いコーデ。

シンプルにまとめたコーデが、男性ウケし好印象にうつるもの。
上品で清楚なイメージを考えながらコーデしてみましょう。

(2)タイトな服

『露出よりタイトな服のほうが、よっぽど色っぽくて上品』(28歳/IT)

タイトな服は、女性らしい体の線を出してくれるもの。
もちろん、ボディコンのように全てタイトにする必要はありません。

ボトムスかトップスのどちらかをタイトに仕上げてみましょう。
女性らしさと色っぽさを演出するタイトな服は、男性から人気が高いアイテムです。

(3)適度な肌見せ

『シャツのボタンを全部留めるとか、ガード固そうって思う』(26歳/証券)

色っぽさを出すためにも、適度な肌見せは必要です。
肌が全然露出していない服は、ガードが固い印象になり隙がなくなります。

もちろん露出し過ぎているコーデは、下品な印象になるのでNG。
周りの視線が気になり、一緒に歩くことが恥かしくなるので露出し過ぎは注意しましょう。
適度な肌見せは、首・足首・手首を見せるコーデを考えると良いですよ。

(4)キレイめ寄り

『シンプルでキレイなコーデに色気を感じる』(31歳/不動産)

全体的に可愛いカジュアル寄りではなく、キレイめ寄りを意識してコーデしてみましょう。
シンプルでタイト、適度な肌見せを意識すれば、自然とキレイめ寄りのコーデに。

アイテムを見るのではなく、コーデ全体の印象をキレイめにまとめてみて。
カジュアル寄りな服でも、全体でバランスを見た時にキレイめなら問題ありませんよ。


女性が可愛いと思うコーデと、男性が可愛いと思うコーデは違うもの。
もちろん、自分の好きな服を着ることが悪いわけではありません。
初デートや男ウケを狙いたいならば、意識してコーデしてみて。

(恋愛jp編集部)