今回は、今一歩のところで本命の恋を勝ち取ることができない残念女性に密着!
いいところまでいってるのに、なぜ彼女たちは恋を逃してしまうのでしょうか。
さっそく気になる詳細をチェックしていきましょう。

(1)露出度の高い服

『あまりに露出が多い服を着てる子は彼女にしたいとは思わない』(30歳/営業)

彼の視線を釘付けしたいという気持ちは、痛いほどわかります。
しかしだからと言って露出度の高い服を身に付けても本命の恋をゲットすることはできません。

なぜなら「露出が多めな服は彼女に着てほしくない」という男性意見が大半を占めているからです。
それでも寄ってくる男性は体目的であるケースが多いので、十分注意しましょう。

(2)ネガティブ発言を連発

『付き合ってからもネガティブな発言に付き合わされるのか……って思うとムリかも……』(28歳/金融)

ネガティブ発言は男性を遠ざけるきっかけとなります。
「一緒にいて疲れそう」「めんどくさそう」といったマイナスなイメージが定着してしまうからです。

なるべくポジティブな発言を心がけて、あなたのイメージを明るく見せましょう。

(3)急な呼び出しに応じてしまう

『夜でも呼べばすぐに来てくれる子は便利だけど本命彼女にはしたくないかな』(29歳/広報)

彼の気持ちに応えたいからといって、急な呼び出しにも応じてしまっていませんか?
男性の都合に合わせるのは決して悪いことではありませんが、自ら都合がいい女性のポジションを確立してしまうのはNG。

ワンナイトラブを目論む男性の餌食にならないよう、自分の気持ちをはっきりと伝えることができる意志の強さを持ちましょう。

(4)お酒に飲まれてしまう

『酒癖悪い子はムリ!付き合いきれません!』(32歳/不動産)

お酒の席でハメを外しすぎていませんか?
可愛く酔うのはいいですが、周りに迷惑がかかるような酔い方は絶対にNG。

「面倒くさい」「彼女にしたくない」と大不評なので、自分のキャパシティはしっかりと把握しておきましょう。


せっかくいいムードになったのに恋が成就しないのは、たった1つの言動が引き金となっているのかもしれません。

これまで築き上げた関係が一瞬で崩れるなんて、本来であれば誰も経験したくありませんよね。

自分の魅力を下げる言動は控えて、今度こそ本当の恋愛を勝ち取りましょう。

(恋愛jp編集部)