男性はふとした瞬間に、彼女を見て「付き合って良かったなぁ」と幸せを感じるものです。
お互いに幸せな気持ちでいられること、これは関係を長続きさせるうえでとても大事なポイントになります。

そこで今回は、男性が彼女といて幸せを感じる瞬間を解説していきます。

(1)「いつもありがとう」と言われたとき

『彼女から感謝を伝えられると幸せな気持ちになります』(28歳/公務員)

「いつもありがとう」と彼女から感謝を伝えられた瞬間に、付き合って良かったと心から思う男性は多いです。
彼女の素直で優しい姿を見て、彼はぼんやり「今幸せだなぁ」と思うものなんです。

こまめに感謝を伝えることは、人間関係を円滑なものにしてくれます。
それは恋人関係でも同じことなんですね。

(2)「幸せだね」と言われたとき

『彼女も幸せだと感じてくれてると思うとあらためて幸せを感じる』(32歳/金融)

彼女から「幸せだね」「一緒にいると幸せ」とはっきり言われたことで、幸せを実感する男性もたくさんいます。

男性は結構シャイなので、自分から「幸せ」と彼女に伝えることは意外とないもの。
だからこそ彼女に素直に伝えてもらったとき、「そっか、これが幸せなんだな」と多幸感に包まれるんです。

(3)励ましてもらったとき

『僕がツライとき、彼女が隣に寄り添って励ましてくれて、幸せだった』(30歳/不動産)

ツライときや苦しいとき、疲れているときに彼女に励まされ、幸せを感じる男性も多いでしょう。

優しい言葉をかけてもらったり勇気づけられたりして、「この子を選んで本当に良かった」と彼は思うはず。

男性は強がりな人も多いですから、自分ではツライと言えないことも多いです。
そのため自分から彼のツライ瞬間に気づき、励ますことができる女性は、より彼から大切にされやすいでしょう。

(4)理解してもらったとき

『僕のことを理解してくれた時、この人と付き合ってよかったと強く思います』(27歳/営業)

彼としては自分に理解を示してもらったとき、彼女の存在に大きな感謝を覚えるといいます。
そしてこれからもこの子を大事にしていきたいと強い愛情を示すはずです。

自分のツライ状況を理解して文句一つ言わなかったり、目標や信念を理解して黙って支えてくれたり……。
そんな彼女の姿を見て、幸せを感じない男性はいないでしょう。


いかがでしたか?

理解してもらうことや励ましてもらうことなどは、男性にとってやはり大事な瞬間となります。
そんなときに彼女と一緒にいられることに幸せを感じる人は多いので、ぜひ普段から以上のような瞬間を大事にするようにしてくださいね。

(恋愛jp編集部)