年齢を重ねるにつれて、似合う服装も段々と変わってきます。

そんな中で、「いつまでも若く見られたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?
服装は、組み合わせ方やアイテムの選択を間違えると、一気に老けて見えることも。

そこで今回は、男性も萎えてしまう「年増しコーデ」をご紹介します。

(1)ゆるっとしたシルエット

『体型隠しをしてるのかもしれないけど、逆に太って見えるしおばさんっぽい』(31歳/人事)

最近流行りの「ゆるっとしたシルエット」のアイテムは、お腹やヒップまわりを隠してくれる反面、メリハリがなく太って見えてしまうことも。

太って見えると、せっかくの「ゆるっとしたシルエット」も「だらしないシルエット」になってしまい、老けて見られてしまうのです。

男性は女性の「女性らしいシルエット」が大好きです。
せっかくのデートで上から下までゆるっとコーデでは、男性のテンションも下がってしまいます。

(2)ミニスカート

『大人の女性はミニスカートよりももっと上品なスカートをはいてほしい』(30歳/コンサル)

若いファッションというとミニスカートのイメージが強いですが、大人の女性がミニスカートをコーディネートに取り入れる場合は注意が必要です。

10代や20代の頃は似合っていた丈感も、年齢を重ねるにつれ「若作り」になってしまい、逆に老けて見えます。

とくに最近は、長めの丈が流行しています。
上手に流行を取り入れ、上品な丈感のスカートを着こなす方が若く見えますよ。

(3)くすんだカラー

『くすんだ色って落ち着いて見えるけど、そればっかりじゃアクセントがなくて微妙』(27歳/飲食)

ファッションも段々と落ち着いてきて、気がつくとクローゼットの中はグレーやベージュなど合わせやすいカラーが増えてきた……ということはありませんか?

着まわしやすく合わせやすいくすみカラーですが、顔がぼやけて見えたり、落ち着きすぎてしまい、老けている印象を与えてしまいます。

くすみカラーをコーデに取り入れる場合は、ワントーンになりすぎないよう、小物で差し色を入れたり、アクセントをつけるのがポイントです。

(4)ペタンコ靴

『デートのときに毎回ペタンコ靴は萎える』(30歳/IT)

スニーカーの流行に、フラットシューズもバリエーションが豊富で、最近はペタンコ靴しか履いていない!という方も多いのではないでしょうか?

しかしデートが毎回ペタンコ靴では「正直萎える……」という男性は多いようです。
たまにはヒールを履くことで、男性へ女性らしさや色気のアピールになるのです。


いかがでしたか?

コーデによって、実年齢より上に見られてしまうと悲しいですよね。

少しの工夫で見え方は変わります!
ぜひコーデを考える時の参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)