今回は、彼が彼女への愛が一瞬で冷める言動を紹介していきます。
あんなにラブラブだったのに急に彼が冷たくなった……それはもしかすると、あなたに原因があるのかもしれません。

一体どのようなことが引き金となってしまったのか、さっそく気になる詳細をみていきましょう。

(1)「ほんと使えない」

『何様のつもりなの?』(30歳/営業)

ケンカや気持ちが高ぶってしまった時に、つい「使えない」なんて言葉を口走ってしまっていませんか?
人間は物ではありません。

そんな言葉遣いを放たれたら、愛情が冷めるのも自然なことです。
「使えない」「役立たず」という2つのワードはとくに酷評となっていたので、絶対に使わないように注意しましょう。

(2)「甲斐性ないよねぇ」

『プライドがキズづく……』(28歳/企画)

男性はプライド社会で生きています。

そのため甲斐性がないという一言は、どんな言葉よりも辛く感じてしまうんだとか……。
関係の修復が難しくなる恐れもあるので、甲斐性の話は避けることをオススメします。

(3)ちょっとしたことですぐに不機嫌になる

『感情の起伏が激しい人は一緒にいて疲れる』(32歳/公務員)

感情の起伏が激しい女性も男性から敬遠されがちです。
とくに小さなことでもすぐに腹を立てる様は、毎回男性をうんざりさせてしまう模様。
感情を上手にコントロールして、あなたのイメージダウンを防ぎましょう。

(4)店員に対しての横暴な態度

『店員に対して偉そうにする人はムリ。恥ずかしくて一緒に出掛けたくない』(28歳/広告)

お客と店員に上下関係を求めるのは絶対にNG。
横暴な態度は、一緒にいる男性の気持ちを興醒めさせてしまいます。

感謝の気持ちを持って接すれば、周囲に大らかな印象を与えることができるので意識してみましょう。


つい感情的になってしまうことってありますよね。
しかし何気なく使ったその一言が、彼の心に深い傷を残す恐れもあります。

「これを言ったらどうなるか」という予想を立てて、彼の気持ちにもしっかりと寄り添うことができる素敵な女性を目指しましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む